Marumaru's TinyPlaza

(2022.09.15)ダイヤモンド張りをしてきた

せっかくゆるキャン△タープを買って、早く使いたいのになかなかタイミングが合わない日が続いてきましたけど、やっとデイキャン出来ました。キャンプ出来ない間ってギアだけが増えていきますね……。

という事で、備忘録代わりに写真を貼っておきます。

ここキャン。いつもの場所です。川が近くて平らで使いやすく無料!

ダイヤモンド張りをしてきました。この張り方ずっとやってみたかったので嬉しい。よく見ると後ろをタープの中に入れ込むのを忘れていますね。

正式な張り方だとガイドロープ2本使ったり、後ろも引っ張ったりするんでしょうが、とりあえずこんな感じで。初めてだから結構時間かかってしまった。後ろとサイドの片側をペグダウンしてからポールを立ててからサイドのもう片方をペグダウンすると良い感じでした。

しかし、黄昏時も相まって思ったより映える画像が撮れて嬉しい。

刺身で晩酌!言葉は要らない。

ごはん炊き。4合炊きの飯盒は1合炊くのに持て余すので、アルミのクッカーを導入しました。SnowPeakの定番クッカーが良いのは分かっているんですが、安いのを買って雑にやってます。全ては自分のよろこびの為に。

そして肉!キャンプって、とりあえず火を通して焼いたり温めとけばいい、みたいな料理が増えるのでこのフライパンはとても重宝してます。

炊きたてご飯ってなんでこんなに美味しいんでしょうか。外で食べてるから猶更。少々焦げてたりしてても、どうせ食べるのは自分だから雰囲気補整で何とでもなるっていう安心感が良いです。

ご飯が余ったので、ツマミも兼ねて追いウインナー。今回の料理って味付け肉も含めてちょっと塩分高めなので気を付けないと。手軽な料理をするとどうしても塩分が高くなりがち。

〆にポタージュスープ。焚き火でスープをコトコトするのは浪漫です。

焚き火を眺めながらのんびり。夜の焚き火は最高です。



(2022.09.23)(book)ハヤブサ消防団

『ハヤブサ消防団』/池井戸潤

都会でミステリ作家をしている主人公が、ふとした事から亡き父の家がある田舎を訪れ、その土地の自然に魅入られてそのまま父の家に住む話。「消防団」は田舎の象徴ですが、それに限らず、祭り当番や自治会、墓守やお寺さん等、田舎ならではのコミュニティで過ごす姿を描いています。

そんな田舎の町で巻き起こる、連続放火騒動を発端とした事件。田舎程ちょっとした事が事件になるものですが、だからこそ正常性バイアスが働くもので、何だかんだと過ごしているうちに田舎の町は大変な問題に侵食されていた。そんなお話。

分かりやすい恐怖に晒される田舎町ですが、本当に怖いのは恐怖の元凶そのものではなく、人間関係が作り出す噂や疑心暗鬼、そう言った目に見えないだと改めて思わせてくれる作品でした。

どんなものでも、人が居なければ何も出来ない。人が集まると人間関係が生じ、それに伴う目に見えない概念が色々と出現する。お互いの心の中にある恐怖、思い込みこそが怪異なのであって、人間が居なくなってしまえば後に残ったものはただの抜け殻だったのかもしれない。

そんな事を、田舎ならではの濃い人間関係の中で展開していました。

登場人物が結構多いのと、同じ人でも名字で呼ぶ人と名前で呼ぶ人が居て、ちょっと人間関係が分かりにくかった。私の読解力不足なんですが、寝る前に読んでたらちょっとこんがらがった。あと、田舎あるあるが多いので田舎住まいの人はその部分を楽しんで読めるかも。



(2022.09.25)(book)あおとさくら

『あおとさくら』/伊尾微


甘酸っぱい青春ボーイミーツガールの物語でしか摂取出来ない養分がある!

図書館で新刊コーナーを眺めている時に見つけたので借りてきました。

笑えない主人公がいつものように図書館で読書に耽っていると前の前に女の子が~。自分の事を笑わせてくれると豪語する女の子と過ごしてる内になんだかんだで気になっていた。だけど女の子には秘密があって~。って話なんですが、これ系の物語のストーリーなんてあって無いようなもの。カフェラテのようなほろ苦い青春を描くために加えるフレーバーのようなもの。

著者のデビュー作と言う事で構成的には少し疑問もあったんですが、その分、青春の甘酸っぱさだけを体当たりで描いてる感じがあって、このジャンルの物語的には寧ろ良いのではないかと。何かの受賞作のようですが、その辺りも受賞理由なのかもしれません。

これ系の物語をあれこれを語るのは無粋なのでやりませんが、学生時代はもう懐かしいというより遥か遠くの歴史の彼方にあったもの、みたいなイメージになってしまっています。だからこそ、たまにフィクションを通じて輝く青春から零れる甘露を摂取する事は心にとても良い事のような気がします。

2022.09.26追記 改めて思い返した時、「愛と奇跡と感動の物語、ここに完!」みたいな話ではなく、彼らの輝く青春はこれからも続いていく、これはその中の1エピソードを切り取った物語。みたいな感じで未来への輝かしい連続性を覚える読後感が良かったのかな、と。



(2022.09.25)(book)るるぶ ゆるキャン△キャンプBOOK

『るるぶ ゆるキャン△キャンプBOOK』


あの「るるぶ」のゆるキャン△特集号です。

ゆるキャン△のキャラや使用ギアが「るるぶ」の形式で紹介されていて新鮮です。

改めて見ると、作者のあfろ先生がキャンプフリークと言う事もあり、いわゆる定番ギアを作中でキャラに使わせているんだなぁ、と。なので、定番ギアを中心として紹介で純粋なキャンプ本としても非常に読んでいて楽しいものでした。

が、キャンプのギア、それも定番になるようなものって品質が良く実用性が高いから定番足り得るのであって、ぶっちゃけ高いんですよね。そりゃSnow PeakやHelinox、NANGAのギアが良いのは分かってるけど、高くて買えないんだって!と。

ゆるキャン△のアニメ声優さんや、あfろ先生のロングインタビューもあるので、その辺りも楽しめました。




<(2022.08.09)飯盒での1合炊き復習