Marumaru's TinyPlaza

(2022.12.16)矢沢あい展に行ってきた

岡山イオンの矢沢あい展に行ってきました。



小さい頃から矢沢あい先生の漫画やイラストを見て感じていた『憧れ』に包まれた最高な空間でした。

それにしても、最近のイラスト系の展示ってカメラOKなところが多いよね。SNSの拡散も視野に入れたマーケティングって事なんだろうかな。今回も、雑誌の付録やコラボ系の作品のコーナーは撮影NGだったけど、それ以外は基本的に撮影OKでした。

ちなみに、この展示の会場が札幌、名古屋、京都、岡山で、なんで岡山!?と思っていたら縁がある場所だったようで納得。

それぞれの作品をイメージした空間が創られています。青春時代のどこかに矢沢あい先生が絡んでいる方は、きっと思い出のあの作品に出会えると思います。

天使なんかじゃない、ご近所物語、NANA、そしてParadiseKissががっつりと被っている私にとっては本当に幸せな空間でした。矢沢あい先生の描かれるキャラクター、ファッション、物語、セリフ、そのどれもが憧れでした。

個展タイトルの「ALL TIME BEST」は伊達じゃないです。NANAの続きがまた読める事を心から願って止みません。



(2022.12.18)冬キャンしてきた

※グループキャンプ&夜設営なので写真偏ってます。

ねんがんの冬キャンをしてきた!

この日に間に合うようにギアを揃えてました。具体的にはこの辺り。


とりあえず設営して焚き火。寒い。

お米炊く!焚き火で炊爨はロマン。ヒロシに触発されてクッカー炊爨にはまってるんだけど、このクッカー使い勝手良い。SnowPeakのアレみたいな感じでお値段は1/3ぐらい。蓋にハンドルが付いてないので、蓋をスキレットに使いたい人以外にはかなりオススメ。安いから雑に使えるのが良い。

……いいんだ、オコゲ好きだから。と言うか、外で食べる事が美味しい。

簡単に食事を。調味料を忘れた事に気づいてショック。

メンバーが揃ったので炊いた鍋を持って他の人が集まってるところへ。焚き火を囲んでグダグダ話してる時間が本当に最高。鍋は市販のニンニク入り豚骨鍋の素にカットしておいた野菜と鶏肉を入れたもの。研究された業者の味は外れが無い。

本日の寝床。詳細は後で書くんですが、コットが組んだ状態で入るのは最高だった。200㎝×69㎝っていうちょっと大きめのコット使ってますが、シンデレラフィットで感動した。

朝、テントのチャックが開かないと思ったら凍ってた。そして雪!!テンション上がりまくり。分かりにくいけど緑の部分から前が全部前室です。

水を入れて放置しておいた鍋が凍ってました。ついでに水道も凍ってる。

朝ごはん。コーヒーとコーンスープとクロワッサン。テーブルを中に入れておけば良かったと思ったけど、火の側だとすぐに溶けるのでまあいっか、と。火は偉大。



で、今回のキャンプなんですが、何はともあれ新テントのColemanツーリングドームLXが本当に最高だった。

今までの宿泊キャンプでは朝撤収が多いのもあって、とにかく夜露に悩まされていたので前室があるテントが欲しかったんです。で、ソロテントの定番ColemanツーリングドームのSTに狙いを定めていたんですが、キャンプ仲間から「絶対にLXの方がいいよ!」と強烈にプッシュされたのでLXにしました。結果、これが本当に大正解。

ちょうどSTを使ってる人が居たのでがっつりと比較させて貰ったんですが、違いは

  1. 中が大人一人分ぐらい広くて正方形に近い
  2. LXの方がペグ2本余計に必要
  3. リアにポールが1本追加されている

ぐらいなんじゃないかと。2は風が強くなければ追加分のペグは別に打たなくてもよかったです。3は設営の手間的には誤差。後は、値段が数千円高くなって、収納サイズが一回り大きくなってる。

なんですが、中が正方形に近いのでコットを壁にピッタリ付けるんじゃなくて、少し間を空けておけたので冷気も防げて良かったです。何よりコットの搬入が楽!STだったらテントの中でコットを組み立てないといけなかったと思う。

次にツーリングドームの感想なんですが、とにかく前室が広い!!いやー、前室って良いものですね。テントを開けたとこに薪等の湿らせたくないものを置くスペースがあって、靴を脱ぐスペースがある幸せ!(これ重要)そしてインナーを開けたところに荷物を詰め込んでるケースを置けて、その向こうにコットがある。完全に部屋ですね。

最初はソロなんだからソロ用テントでいいじゃん!小さい方が色々楽だしコンパクトは正義、みたいに思ってたところがあってワークマンテントを買ったんですが。

確かに撤収が楽でコンパクトで、寝るのには問題ないんですが、テントの中での居住性や自分以外のギアを夜露から守るという観点だとツーリングドームLXは良かったです。使用人数2~3人用のはソロ+荷物+余裕だと思いました。だからソロだからこそLXなんだなーと。

それと、口コミで散々「デフォルトのペグが使いにくい、先が尖がってすらいない」みたいに書かれていたのでペグは別途用意するつもりでいたんですが、LXの必要本数15本を用意出来なかったのでとりあえずデフォルトペグで使ってみましたが、全く問題なく使えました。結局ペグも8本しか打ってない。砂場や岩地とかで使うんじゃなければデフォルトのペグでも良いんじゃないかな。

あと、撤収について。家で試しに設営撤収して見た時はどうも上手くいかなかったんですが、フライシートの撤収はガイロープを付けてるループを目印にして畳めば綺麗になるのかーと。収納サイズがかなり小さいのはポイント高いです。



次に寝る時なんですが、冬キャンプだから相当寒くなるんだろうなーと思っていたんですが、雪が降るような天気なのに全然寒くなくて、むしろポカポカで朝まで熟睡でした。

グラウンドシートの上にテントを立てて、ブルーシートを敷いてコット設置、その上に折り畳みマットを敷いてシュラフに潜ってました。シュラフ内の格好ですが、上はヒートテックにネルシャツ、下はヒートテック超極暖にジーパンという格好でした。シュラフって体の熱で温めるからモコモコ系を着て入るのはあまり意味が無いと最近知りました……。

と言うか、ワークマンのシュラフが暖かいんだと思います。化繊で多少嵩張りますが、この値段でこんなに暖かいんだ!と。むしろ、テント内が快適過ぎて外に出た時が寒すぎた。



今回のキャンプですが、夜に焚き火を囲んでいた時に雨が降ってきて寝る事にしたんですが、テントの中で雨の音を聞いていて、それが途中からみぞれに変わっていくのを音で聞きながら眠りにつきました。そして2時頃にお手洗いで目が覚めて外に出ると、それはすっかり晴れていて満天の星空でした。とてもとても綺麗な星空が目の前に広がっていました。そして次に目が覚めた時には外が雪っていう、どんだけ贅沢パックなんだよってぐらいに色んな天候を体感出来てラッキーでした。

しかし、火ってすごいですねぇ。夏や秋の時はあまり気にしてなかったんですが、冬は本当に火が無いと寒すぎて無理!雰囲気とかじゃなくて、とにかく暖をとる為に火が必要ですね。火の重要性が増すと、その火を使って作る調理や飲み物に対して余計に有難みが増す気がしました。

いやー、もうとにかく楽しかった。ツーリングドームLX凄すぎ!冬用シュラフ暖かすぎ!焚き火はライフライン!確かに片付けとか結構大変なところはあったんですが、今度はゆっくり休みが取れるタイミングでまた行ってみたいな、と思いました。




<(2022.11.23)(book)此の世の果ての殺人