Marumaru's TinyPlaza

Date

   D r o p   o f   p a s s i n g   m o m e n t .

     A n   e s s e n c e   o f   d a i l y   l i f e .

       T h e   c a n v a s   p a i n t e d   m y   c o l o r .

         E n c o u n t i n g   n e w   s e n s i b i l i t y .

(2021.02.21)オンライン同人音楽即売会(ミュートピア)に一般参加した

友人がサークル参加しているオンライン同人即売会(Music Utopia(ミュートピア)vol.03)に一般参加してきました。



すごく楽しかった。それに新しい音楽との出会いもいっぱいあって幸せだった。

カタログのサイトがあって、それにサークルの一覧や各サークルの紹介、試聴曲が貼ってあったりするんですが、即売会はオンライン上に作られています。pictSQUAREというシステムで構築されていて、2Dのドット絵キャラをアバターにして、マップの中を歩き回って各サークルさんのスペースを見て回る。FC版ドラクエの街の中みたいなイメージです。

実際の情報としては、カタログサイトの出来が良いのでカタログサイト内で拾えるんです。が、オンライン空間の中で、他の参加者の人と歩き回って、サークルさんのスペースで看板やメッセージボードを眺めたり、他の参加者やサークルの方と吹き出しでチャットをしたりしていると、イベントの空間に参加しているという実感が湧いて楽しいです。やっぱり作った人と直接交流が出来るのが即売会の魅力ですね。

と言うか、ドット絵マップを歩き回って吹き出しチャットするっていうインターフェイスは、まさに初期のMMORPGです。初めて触れたMMORPGである風の王国を思い出して懐かしくなっていました。ただ、2Dのドットキャラをアバターにしてコミュニケーションをとるなら、アバターの感情表現(表情を変えたり、ハート等の吹き出しを出したり)が出来るともっと面白かったのに、と思うのは贅沢でしょうか。

閑話休題。

そんなオンラインイベントを楽しんでいたんですが、参加者目線で少し物足りない部分もありました。オンライン上のイベント会場を回っている時のサークルさんが作っている音楽に触れるまでのプロセスが長いんです。

各サークルさんが、それぞれに趣向を凝らしてサークルスペースを飾って、背景画像を変えたり、内装を凝ったりしているんですが、参加者としては音楽に出会いに来たのであって、サークルさんのオンライン上のイベントスペース装飾を見に来たんじゃないんです。それぞれのスペースの定位置にある看板をクリックすれば、そのサークルさんの詳細が出て、試聴曲URLも載っているんですが、自分でそのURLをコピーしてブラウザに貼り付ける必要があります。

試聴曲URLに関しては、カタログサイトと違い形式が統一されていないので、飛んだ先のサイトで更に試聴曲を探したり、URLがTwitterだったりすると、そのTwitterサイトからメディア欄を見て~みたいな工程が必要で少し手間でした。個人的にはバーチャル空間の中で居るのに、外部サイトに飛ばされると、その世界への没頭感がそがれるので少し寂しいです。

と言うか、個人的にはオンライン会場でサークルさんのスペースに入ったら、自動的にそのサークルさんの試聴曲が流れる、ぐらいで丁度良いと思いました。この辺りは、pictSQUAREが音楽イベント用じゃなくてオンライン即売会の汎用システムだから難しいのかもしれませんが。ただ、音楽イベントにおける試聴曲は通常コミケにおけるサークルカットなので、そのサークルさんについて何よりも先に知りたい情報であると思います。

その試聴曲に関してですが、参加者としてはせっかくイベントに参加しているので、出来るだけ沢山のサークルさんを見て回って新しい出会いが生まれる事を求めています。なので、試聴曲は(カタログサイトだと90秒縛り)そのサークルさんの良さを出来るだけ入れ込んで欲しいと思います。この辺り、コミケ等ではジャンル分けが細かくなされていて、サークルカットもイラストなので、一目見るだけで「自分のアンテナにピンと来るかどうか」を判断出来るんですが、音楽の場合はどうしても聞かないと分からないので。

なので、新しいアルバムがあるなら試聴曲で出来るだけクロスフェードで全曲を聞かせて欲しいんです。どの曲が琴線に触れるかは自分にしか分からない。そして、クロスフェードで切り取る部分も、イントロからじゃなくて、一番盛り上がる感情的な部分を切り取って欲しい。これって実作業が伴うので手間だとは思うんですが、作曲する手間に比べたら微々たるものだと思います。

こちらは自分から聞きたくて求めている訳ですが、90秒の試聴曲が1曲の頭90秒を切り取ったもので、30秒ぐらいイントロが続くと流石にちょっと厳しいものがあるんです。シークすれば良いのかもしれませんが。そして、ジャンルやサークルの説明でいくら興味があっても、試聴曲を置いていないサークルさんは……ね。すごく素敵な出会いがあるかもしれませんが、限られた時間の中で他にも回りたいサークルさんはある訳で。

そんな中で、音楽の世界を表現した素敵なイラストが置いてあると、やっぱり惹きつけられてしまって、試聴曲をじっくり聞いちゃうんですよね。音楽の創作をプロモーションするのって本当に難しいなって思いました。

エアコミケ等で話題になっていた、オンライン上の即売会ですが、主催者もサークルさんもすごい熱意に溢れていて、創作の場の雰囲気っていいなぁと改めて思いました。そういえば即売会に参加したのってもう10年ぶりぐらいかもしれない。

最後に、このイベントで素敵な作品に巡り合えたので紹介します。

iski & syunkit

まず、素敵なイラストで惹かれました。オシャレ。そして歌謡曲のようなジャズのような曲調と可愛いボーカルの声。そんな中に入っているジャズのようなギターが最高。アルバムのクロスフェードを聞いていて、「さよならショコラ」と言う曲ががっつり琴線に触れました。Youtubeとかで他の曲も公開されていて聞いたんですが、どれも本当に好き。歌詞がコケティッシュで良いんです。何と言うか全体的な雰囲気がオシャレ!(語彙)

アルバムを買って、スペースの中にいらっしゃったご本人に「アルバム買いました!」と伝えられて幸せ。色々話したい事もあったんですが、サーバが重くてチャットがままなかったんですよね。ただまあ、一般参加者からサークルさんに対する一番の意思表示は「買いました」だと思うので。(後でメッセージボードの存在をしってがっつりメッセージ書いてきました。)

二胡ジャズRecezza

二胡とジャズ!どちらも単体で好きなジャンルですが、この二つを組み合わせるとこんなに素敵なんだ、と。とにかく聞いててめちゃくちゃ心地良い。波に揺蕩う感じ。本当に最高!(だから語彙)

ウチナキレコード

うん。イラストが可愛いと初動の訴求力が大きいよね……。こういうイラスト好きな人はこんな音楽好きでしょ!って感じの音楽でした。民族系の曲を作っているサークルさんなんですが、メロディも音色もコーラスも、とてもいい塩梅で合わさっていて聞き心地が良いんです。ずっと聞いて居たい感じ。土系で泥臭いとサークルさんは表現されていましたが、大地のやさしさ、ぬくもりを感じられる曲でした。



(2021.02.14)(book)友情

『友情』/武者小路実篤


本当に今更なんですが、この作品は以前から私が好きな作品の話題や考察の中でよく話題に挙がるタイトルです。なので気にはなっていたんですが、やっと読めました。

えー。これ1919年の作品でしょ。100年以上前から人間の感情は変わらないもの……。それを言うと万葉の世や更にそれ以前から、人の心は変わらないという話になりますが。

うん、この話、大好きです。著名なラノベやエロゲが長い時間をかけて語る物語をこんなに短く綺麗に語るのは流石古典の名作です。綺麗な日本語で、この短さで、教科書のようなお手本展開で、このストーリーを描いた作品が日本文学の古典なんですよねぇ。やっぱり日本人は昔から脳が破壊されている。

登場人物がみんな熱くて真っ直ぐなので、読後感が爽やか、とまでは言わないものの後味が悪くないです。とにかく主人公の性格にとても感情移入してしまいました。

高校とかの時に読んでいると人生観に影響を与えたかもしれない。憧れの人に片想いして舞い上がり、理想の相手を心の中で作り出し偶像化する、まさに青春。と同時に、女性の魅力と賢さ、強かさも描いています。

何についての話かは敢えて書かなかったので、気になる方は(今更私が勧めるべくもないですが)是非どうぞ。

ちょっと印象に残った文章を覚書を兼ねて引用します。こういう考え、表現ってあまり公に言うのは憚られますが、「恋に落ちる」「愛してる」の女性ならではの表現だと思います。

「私はただあなたのわきにいて、御仕事を助け、あなたの子供を生む為に(こんな言葉をかくことをお許し下さい)ばかりこの世に生きている女です。そしてそのことを私はどんな女権拡張者の前にも恥じません。『あなた達は女になれなかった。だから男のように生きていらっしゃい。妾(わたし)は女になれました。ですから私は女になりました』そう申して笑いたく思います。

武者小路実篤『友情』より



(2021.01.28)(book)盤上の向日葵

『盤上の向日葵』/柚月 裕子


初代菊水月の名駒を軸に繰り広げられる将棋指しミステリー。ミステリーと言っても読んでる途中で展開は分かっちゃうんですけどね。

時代の違う2つの視点を交互に繰り返しながら話が進んでいき、最後に綺麗に繋がるのは気持ち良かった。構成が綺麗で読みやすいんです。ページ数の割に本当にさくっと読めた感じ。

2017年の作品と言う事で、藤井聡太さんが出てきた頃ですよね。将棋ブームの中で作られた作品と言う感じがしました。羽生さんを模したキャラクターも出てくるし。しかし、りゅうおうのおしごと等々で将棋の基礎知識が付いたおかげで、将棋作品を将棋部分も含めて楽しめるようになった気がします。

作中で賭け将棋の「真剣」が出てくるんですが、将棋が勝負の世界と言う事もあってその辺りと相性が良いんだと思います。読んでいて「3月のライオン」「ハチワンダイバー」の要素を思い出しつつ、「りゅうおうのおしごと」で描かれている勝負の世界の鋭さを改めて実感しました。

繰り返しになるんですが、構成は本当に綺麗なんです。が、綺麗過ぎて読後感が少し薄いかも。主人公よりも真剣師の東明さんの格好良さが引き立っていました。向日葵に絡めて主人公とゴッホを重ねているんだと思うんですが、ガンダムSEEDの種割れ的な感じで使われていた"向日葵の花が咲く"演出がぽっと出でイマイチ消化不良な感じ。伏線を綺麗に回収する為に主人公すらも便利に使われていた感がありました。特に後半。

改めて奨励会3段リーグって地獄なんだなぁ、と。

余談ですが、北国のひなびた温泉に行きたくなる作品でした。



(2021.01.05)(game)メトロイド

『メトロイド』(FC)


正月に遊んでいたんですが、書くのが遅れました。

SwitchのNintendoOnlineに付いてきたソフトです。買い切りが好きなので3DSのVCにしようかとも思ったんですが、NintendoOnlineはモンハンRISEでどうせ加入するし、他のタイトルもたくさん遊べるからこっちでいいか、と。SwitchだとProコン使えるので操作性も良さそうですし。

このシリーズは初めてでした。昔、スーファミの雑誌を買っていた頃にスーパーメトロイドの存在は知っていて、なんか難しそうなゲームという印象でした。

今回、Vtuberの伊東ライフさんが配信でこのタイトルを遊んでいて、未プレイゲームの実況を見るのもなぁ、とプレイする事にしました。

で、クリアしたんですが。ぶっちゃけ途中から攻略サイトを参考にしました。探索アクションで攻略を見たらあかんやろ!って感じですが……。ただ、攻略見た上でも十分に難しかった。特に最後のマザーブレインが本当に苦労しました。が、伊東ライフさんの配信を見ていると数回でさくっとクリアしていたので、自分が下手なだけなんだと思います。

とにかく隠しルートが多くて、そこを見つけてアイテムや装備を手に入れてパワーアップしていくのが基本なんですが、その隠しルートの位置が全く分からない!しかもMAPが同じような感じでどこにいるかよく分からない。しかもアクション部分が難しい。ってことで攻略を参考にしていたんですが、おかげで隠しルートのルールみたいなものが何となく分かってきました。

クリア後にそのままSFCのスーパーメトロイドを始めてみたんですが、ビームが遠くに飛ぶ!斜めに撃てる!動きがキビキビしてる!何よりオートマッピングがある!とかなり遊びやすそうな感じになってました。アクションは相変わらず難しいんですが、システム面でのストレスがかなり軽減された感じ。

何より、惑星ゼーベスに再び降り立って、最後のあの展開の部分を逆に進み、マザーブレインとかつて戦ったであろう場所を進んでいく展開が熱い。きっとFC版で見たような場所がまた出てくるんだろうなぁ。最初にFC版やっといて良かった。



(2021.01.02)ギラ・ドーガを組んだ

新年明けましておめでとうございます。 本年も何卒よろしくお願いいたします。

ってことで、新年早々HGギラ・ドーガを組んでました。 去年はコロナの関係で12月の行事がほぼ全て無くなり、唯一の楽しみだった同級生との年末BBQも中止になってしまったので、30日に勢いでポチったら大晦日に届きました。クロネコさん、年の瀬の忙しい時にスミマセン。Amazonは愚民に英知を授けてくれる……。

本当は年明けに同級生と初売りでガンプラを買いに行く予定だったんですが、それも中止になったのでちょうど良かった。今年は本当に色々良い事になって欲しい。

しかし、ここ数年、ガンプラを組んでたら新年と言う感じがしてきました。何事も継続は大事。無心で組んでると写経のような心の安寧が得られる気がする。

そんな訳でギラ・ドーガ。夜に友達と話しながら組んでたら一晩で組み上げてしまった。(完全なるパチン組みですが)

ギラ・ドーガ良いですよねぇ……。量産機の美学。ジオン系量産機の完成形。折曲がりの盾や盾の裏にグレネードが付いてたりと、色々なギミックが好き。

盾の裏に弾薬を積むのはどうなんだって気もしますが、盾なら誘爆した時に左腕が飛ぶぐらいで助かるかもしれませんが、背中とかに背負ってて誘爆したらコックピットごと爆発して危ないから、とか強引に解釈してみます。そもそもグレネードに被弾して誘爆した時点でかなり危機的状況な訳で、それだったらむき出しよりは盾の裏に隠しといた方がまだマシ?そもそも宇宙空間の戦闘で盾の有効性ってどれくらいなんでしょうか。

が、編隊を組んで出撃する時、盾を構えた後ろにライフルを構えた状態で進軍する構図がとてつもなく格好良いので、その為だけにでも盾は必要です。

そして逆襲のシャア自体が大好きなんですが、物語的に最後に良いところを貰ってるのも印象的な機体です。アクシズを落とそうとしたのはシャア大佐の独断で、俺自身は地球をダメにしたくないんだ!っていう勝手な妄想が捗りますね。

しかし、気づけばこれで逆シャアのMSも、HGヤクト・ドーガ(クエス機)から始まって、RGνガンダム、HGギラ・ドーガとだいぶ揃ってきました。次はやっぱりRGサザビー辺りですかねぇ。ギュネイ用ヤクトも捨てがたい。連邦のリ・ガズィやジェガンでもいいんですが……。あの辺りはストイック過ぎて塗装とか前提の気がする。




|<< February 2021 >>|
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28