Marumaru's TinyPlaza

Date

   D r o p   o f   p a s s i n g   m o m e n t .

     A n   e s s e n c e   o f   d a i l y   l i f e .

       T h e   c a n v a s   p a i n t e d   m y   c o l o r .

         E n c o u n t i n g   n e w   s e n s i b i l i t y .

(2024.07.04)(book)りゅうおうのおしごと! 19巻

『りゅうおうのおしごと!』19巻/白鳥士郎


ラスト2巻!と言う事で物語が盛り上がってきました。

フィクションと現実が切磋琢磨して鎬を削り、現実の方がフィクション顔負けの状態になっている現在の棋界ですが、フィクションならではの強みを見せて差別化を図っていて、更には登場人物同士の関係も最高潮を迎えようとしています。この作品、なんでこんなに面白いんだろう。

しかし、現実もフィクションもAIによる研究が主流となり、人間の一生分の研究の何倍もの試行を重ねたAIが作った棋譜が勝利には不可欠なものとなる中。それはでプロ棋士の存在とは何なのだろうか?という問題が常に付きまといます。

そんな中、あいが聞き手を務めた対局が終局を迎えた時に紡いだ言葉「お二人で創り上げた美しい作品が、この手で完成しました」まさにこれなんですよね。勝負であるから勝利を目指すのは当然、だけれど勝ち負けを競い合う中で、二人の棋士が自分の人生を背負って打つ手、それが創り出す棋譜はAI同士が作る棋譜とはまた違った意味があると思っています。

この作品のこの話をする度に幾度となく引き合いに出していますが、藤井聡太先生が以前に仰られた「今の時代においても、将棋界の盤上の物語は不変だと思います。その価値を自分自身、伝えられればと思っています」が本当に全てなんですよね。様々なものを背負った個性豊かな棋士達が、将棋盤という舞台の上でお互いに紡いでいく物語をこれからも感じていたい。

そして感想戦。まさかこの二人がこう繋がるとか思わなかった。特に桂香さんは好きなキャラだけど将棋面ではもうあまり活躍が無さそうな感じだったから、この展開は嬉しい限り。物語の中だけでもいい、コツコツ頑張っている人が報われる展開は嬉しい。



(2024.06.23)(book)成瀬は信じた道をいく

『成瀬は信じた道をいく』/宮島未奈


最近読んだ『成瀬は天下を取りに行く』の続編。相変わらず読みやすく面白い短編集でした。

このシリーズのどこに魅力を感じるかと言うと、成瀬あかりと言う人間が自分を楽しんで生きている事が周りの人物に影響を与えていき、関わった人達を始め周りの世界を結果的に変えていっているところ。

私の好きな言葉に「他人と過去は変えられないけれど、自分と未来は変えられる」があるんですが、それを地で行っているなぁ、と。成瀬が他人を変えるのではなく、成瀬に影響を受けた他人が自分の意志で自分を変えようとしている。そんな様を物語を通じて眺めるのが楽しいです。

成瀬あかりと言うハイスペックな人間が、自分の信念に従って人生を楽しもうとすると、既存のものの見方が変わる……と言うか、当たり前だと思っていたルールや既成概念を良い意味で軽々と覆してくれます。例えば外国や外国人に触れた時に感じるような文化や考え方の違いのような。

今、普通のものとして当たり前のように受け入れている概念を、屁理屈ではなくて正論で力ずくで真正面からねじ伏せていく。そんな感覚を成瀬の周りの人達と一緒に追体験できるのが魅力だと思います。

それはそれとして、文章自体が読みやすくてキャッチーなのは相変わらず流石。



(2024.06.10)(movie)Fall

『Fall』


劇場予告をみて気になっていた映画。PrimeVideoに入ったので観ました。

ロッククライマーのヒロインが、クライミング中に滑落死した恋人の悲しみを乗り越える為にクライミング仲間の友人と一緒に地上600Mのテレビ塔に登ろうとするが……と言う映画。

所謂、極限脱出ものになるのかな?非現実的な状況の中でギリギリ現実的と思える落としどころと言える展開、そして一発ネタの話なのにストーリーを綺麗にまとめていたのが良かった。

こういう系の映画によくある理不尽な終わり方や投げっぱなしの終わり方で無かったので、視聴後の感覚が非常に良かったです。

ただ、怖い。地上600Mで展開される話なので、観ていてヒュンとなる怖さや、思わず「怖い怖い!」と口走ってしまうようなシーンが続きました。内容的にそれが一番の魅力なのだと思います。ですので、高いところが苦手な方は観ない方がいいかも。

吹替で観たのですが、友人であるハンターを演じる人が上手いなと思っていたら、推しの子の有馬かな役の潘めぐみさんでした。(ララァ役の潘恵子さんの娘と言った方が通りがいいかも)

ここからネタバレ









































とりあえず、メインとなるテレビ塔に「無断で」登る理由が、死んだ恋人の悲しみを乗り越える為。そして配信がバズる為、っていう理由にツッコミを入れざるを得ませんでした。おいおい!と思いながら見ていましたが、全体からすれば塔を登る動機は些末な事だと気づきます。

ハンターがリュックを取りに行った時に実は死んでいて、ベッキーはハンターの幻覚を見ていたという展開は衝撃的でしたが、途中様々な伏線が張られていて、それが違和感として頭に残っていたので見せ方が上手いと思いました。そもそもベッキーは恋人との死別によって情緒不安定という前提もありましたし。

問題のリュックを取りに行くシーンは手に汗握る印象的なシーンですが、ロープに下げたリュックに飛び移ったり、それを持ち上げたりしている部分は、「流石にやりすぎやろー」みたいに少し引いて眺めていたのですが、その違和感が逆に妄想故のものだと知った時は気持ち良い驚きでした。

更に、ベッキーが電球のソケットで充電をするシーン、アンテナに登るベッキーを励ます為にハンターが足場の上で踊りますが、そのシーンも狭い足場の上であんな踊りをするのは流石に無いわーと思っていたのが、ベッキーの妄想だとしたら納得。

2回目の夜、ハンターがハゲワシに食べられている悪夢で目が覚めて、周りを見回すがハンターは見当たらない。その辺りで得も言われぬ違和感が頭をよぎりますが、そこからの怒涛の展開は見事。よくよく考えれば、ハゲワシが塔の近くを旋回していたという事は、既にハンターは死んでいるという事を示唆していたのでしょうね。

それと、リュックを引き上げて水を飲むベッキー、その後でハンターに水を渡そうとするもハンターは断わります。その場に居ない妄想なのだから。

この辺りの極限状態のベッキーが死んでしまったハンターの幻想を見ている表現がとても上手いと思ったので、後でこの辺りを意識しながら少し見てみようと思います。多分、分かった上で見直すと表現の妙に唸れるはず。

ラストに向けての展開ですが、観ている時は彼女らは最終的に救出を待つことを諦めて自力で塔を降りると思ったんです。塔にしがみついてずり落ちる感じで。梯子がある部分まで降りれれば良い訳ですし。もしかしたら降りる過程で大怪我をするか、最悪死んでしまう。そんな終わり方かと思っていました。

ですが、安易に降りるという展開にせずに最後まで救助を呼ぶための努力をする。そして最後に父親を通じて命の大切さを知る、というまとめ方は本当に綺麗。

あと、ハンターとダンが実は恋仲だったというのは……うん、よくある展開ですがアクセントとしては良かったと思います。その設定があるからこその、塔のてっぺんで遺灰を撒くシーンとハンターが泣く事の意味が際立ちますものね。

うん、面白い映画でした。

余談ですが、ヒロイン二人が胸大きくて良かったです(小学生並みの感想)。



(2024.06.09)(book)成瀬は天下を取りにいく

『成瀬は天下を取りにいく』/宮島未奈


2024年本屋大賞を始め数々の受賞により15冠を達成した異例のデビュー作。みたいな触れ込みで紹介されていたので気になって借りてきました。が、その時点で図書館の予約20人越え。話題の本は知った瞬間にリクエストかけても結構な予約が入っていました。みんなチェックしてるんだね。しかし、田舎だから20人程度の予約で済んだのだ、と好意的に解釈する事にします。

そんな訳でやっと順番が回ってきたので読みました。ちょっと個性的な女子高生が活躍する短編集です。とにかく文体が読みやすい。最初の1ページでがっつりと引き付ける導入は流石の15冠作品。短編集です。

話の内容も面白かったんですが、主人公の性格が好き。とにかく何でもやってみて、ダメだと思ったらそこでまた考える。もしダメだったとしても「やった」という事実が残る。この考え方は本当に素敵だしその通りだと思います。

例えば、漫才コンビを組んでM-1に出ようとする。頑張って漫才のネタを考えて実践して改善していく。結果はM-1の予選落ちかもしれないけれど、「漫才コンビとしてM-1の予選に出た」と言う事実は残る。

例えば、「髪は1か月に1㎝伸びる」という通説を確認する為に丸坊主にして一か月ごとに長さを計る。結果的には途中で前髪が鬱陶しくなって切ってしまう。けれど、自分の一か月に伸びる髪の長さを知れたという事実は残る。

そうなんですよね。まずやってみようと思う事が大切で、細かい部分はやりながらトライ&エラーで直して行けばいいんです。直すべきところも実際にやってみないと見えてこない。やろうと思い立つ事、それを実際にやってみる事。そんな姿勢に羨ましさを感じながら、そんな成瀬が活躍する青春を読みながら追体験する事はとても気持ちよかった。

そして特徴的だったのが、2つ目の例を実験を途中で止めると決めた時、周りの友達が「なんで止めたの?成瀬はやり切ると信じていたのに」と言葉をかけるんですが、この言葉って優しいように聞こえて本当に自分勝手な無責任なんですよね。実際でもこういう事ってよくあります。やってない人ほど安全な場所から身勝手に無責任にあれやこれや言うものです。



(2024.06.07)最近のデイキャンまとめ

デイキャンする時はTwitter(現:X)でつぶやいているんですが、写真だけこちらにまとめておきます。

20240201 河原で焚き火

とにかく焚き火がしたい!と思い立って最低限の準備で河原に行ってきました。ファイヤーディスクソロの限界に挑戦するような薪の積み方。風があったからよく燃えてた。寒かったのでコーヒーが美味しかった。

20240215 トライポットでミネストローネ

いろり鍋を買ったのでトライポットに吊るしたくなりました。ダンジョン飯に影響されてファンタジー風の色がついてて豆や具が入ってるスープを作りたかったので鶏肉でミネストローネに。ただ、トマトが苦手という致命的欠点があるのでトマトジュースで代用。

赤いスープを火にかけた鉄鍋で煮込んでいる様子は、非常に絵になる光景でテンションが上がりました。

タープは珍しくビークフライで。可変長のポールが2本揃うと色々使い勝手が良いです。

20240404 肉が食べたい

肉を焼いて白米と一緒に食べたかったので。1皿目は奮発して国産和牛!(ただし割引)非常に美味しかったです。2皿目はアンガス牛、タレを入れていた蓋を使ってすき焼き風に。こっちも美味しかった!

今回、シェラカップを持って行かずにクッカーだけで対応出来るか試したのですが、案外なんとかなりました。シェラカップ1つとは言え荷物が減るとそれだけ片付け等も楽な訳で。

大雨の後だったので川が増水しています。河原だとチェアの足が沈んじゃうので踏み台を椅子にする事が多いです。

20240502 二次燃焼ウッドストーブ導入

気になっていた二次燃焼ウッドストーブがメルカリで安く売っていたので。

小サイズを買ったのですが、薪を入れる部分が思ったより小さくてバトニングした薪を切ったり折ったりして短くしないと入りませんでした。ストーブとして使うには薪がはみ出ていてもいいんですがゴトクを使って上に物を乗せるにはきつかったです。

ただ、流石二次燃焼しているだけあって小さくても火力は安定していて、上に鍋を乗せての調理には重宝しそうな感じでした。そして燃料が綺麗に燃え尽きるので、片付けが灰の処理だけで非常に楽でした。

収納がコンパクトなのもあり、現地で小枝等を拾って使うと便利そう。燃料を持って行くなら松ぼっくりか、後でネットにて知った猫用の木製ペレットが安価で良さそう。

ちなみに鍋の中身は辛ラーメンにミックス野菜+ウィンナー。煮込む時は辛ラーメンがいいですね。

20240606 トライポットで参鶏湯的な何か

Youtubeで簡単に出来る参鶏湯、みたいな動画を見たので。鶏むね肉をそのまま鍋に入れて、長ネギ、お米、水、生姜と一緒に煮込むだけ。最初は強火で、沸いたら弱火で40分~1時間。最後に塩、ラー油、ごま油、ニンニク辺りで味を調えて食べます。

煮込むだけっていうレシピが非常にキャンプ向きでした。優しい味で鶏肉も柔らかくて良かった。本当はもっと薬膳っぽい感じにするんだと思いますが、これでも十分。ただ、お米をちょっと入れすぎちゃってかなりご飯感が増してます。お米は膨らむから、かなり少なくても良いかも。

今回、気になっていたアルコールストーブを使ってみました。小さいタイプのアルストだと、コーヒー一杯分のお湯がちょうど沸かせられる感じ。沸騰が終わったら燃料切れ、みたいな感じで放置出来るのが良いですね。コンパクトで音も静かなのが良かったです。マグをそのまま火にかけるからケトルが要らないのも良い。ただ、日中だと炎が全く見えないので注意しないと危険ですね。理科の実験的な光景に魅力を感じました。




|<< July 2024 >>|
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31