Marumaru's TinyPlaza

Date

   D r o p   o f   p a s s i n g   m o m e n t .

     A n   e s s e n c e   o f   d a i l y   l i f e .

       T h e   c a n v a s   p a i n t e d   m y   c o l o r .

         E n c o u n t i n g   n e w   s e n s i b i l i t y .

(2020.11.19)(movie)serial experiments lain

『serial experiments lain』


以前から名前だけは知っていて気になっていた作品。AmazonのPrimeVideoに入ったら観ようと思っていたんだけど、シーズンレンタルの期限を確認しようとしたら間違えてシーズンレンタル(作品まとめてレンタル)をポチちゃったので、そのまま観る事に。きっとここで観とけっていう思し召しだったんだと思う。

98年の作品なんだけど、今観ると、当時流行っていたっぽい終末思想やEVAの影響をちょっと感じた。ネットワークが高度に発達するとどうなるのか。ネットワークの新しいプロトコルでリアルワールドとネットワークを重ねる。地軸の関係で人の意識が集まって大きなネットワークを構築している。そこに接続出来るネットワーク。名前は出さないしどっちが先かもあやふやなんだけど、これだけでぱっと作品が何個か浮かぶ感じ。このテーマ、面白いもんね。

98年ってコンピュータやネットワークの進化した世界に一番ワクワクしていた時代なんだと思う。ネットの向こうには無限の世界が広がっていて、ネットワークにダイブすれば何でも出来るって言う感じで。ただ、高度に進化したコンピュータが生体的になるのは個人的にはちょっと苦手。スチームパンク的なのは好きなんだけれど。

そして人の意志とは何ぞやっていうテーマはオタク大好きだよね。「遍在」するとか。私も大好き。なんだけど、これに関しては個人的に別の作品の解釈が自分の中で固まっちゃってるので。

人の意識をネットワークで繋げて神になる、みたいなシステムはまだ出来ていないけれど、GoogleやAmazonのビックデータが限りなくそれに近い事をやってると思うんだよね。怖いぐらいに生活を便利にして、人々を管理してるそれは意識を持った神様みたいに見えるかもしれない。だけど、人の意識を生体コンピュータみたいなので繋いでいる訳でも、怪しげなネットワークを使っている訳でもなく、普通に個人が使っている端末を繋げたインターネットと、データセンターの大量のサーバによって実現されちゃってるっていうのが2020年の現状。

近未来を描いた作品を何十年後かに観て答え合わせするような不思議な感覚でした。



(2020.11.15)ギター教室の発表会に行ってきた話

Twitterで時折呟いているんですが、数か月前からアコースティックギターの教室に月一で通っています。会員になっているスポーツジムの中で行われているカルチャースクールの一つなんですけど。

それと言うのも、友達とゆるく続けていたバンドがコロナのおかげで今年になってから全く出来ていない状態でして、おかげで一人で完結して家の中で練習しやすいアコギの弾き語り(一人カラオケ)をやっていたんですが、アコギをやるなら指でちゃんと弾けるようになりたい!とジムに行く度に気なっていたギター教室に申し込んでみた次第。

教本を買ってそれに沿っての練習+自分のやりたい曲、みたいな感じだったんですが、月の頻度とかも色々と融通が利く感じだったので月に一回でお願いする事にしました。あと、自分の通っている時間の生徒が自分一人なのでマンツーマン状態になるのも嬉しいところ。

で、指弾きとかを教えて貰っていたんですが、やっぱり課題曲とかがあると定期的に練習するようになりますね、先生に聞いて貰うのって大事。あと、ギター教室と言うか基本的に弾き語り教室なので、弾き語りをするにあたっての上手な誤魔化し方とかを教えて貰いました。楽しく歌う為に邪魔にならないようなコードとか、それっぽいストロークパターンとか。

先生がもともと路上弾き語りをしていた方なので、とにかく楽しく歌うって事を重視されていて自分にとても合ってる感じ。聞いてくれて褒めてくれてコツを教えてくれて、でも歌については楽しく歌おう!の一点。すごく幸せな時間です。

そんな感じで2回ぐらい通ったところで、生徒さんを集めた発表会があるから僕にも出ないかと言って頂きました。最初は戸惑ったんですけど、せっかくの機会だからやってみよう、と。正直、弾き語りだけなら前からやっていたので、知ってる曲を8ビートストロークすれば何とでもなるかって思いは会ったものの、せっかくだから新しい曲を練習しようと思いました。

ビックリしたのが演奏が一人辺り4曲なんですよ。いや、多すぎるやろ、と。だけど、回によっては6曲とかの時もあったんだとか。なので、とりあえず以下の曲にしました。

  • 陽はまた昇る/高橋優
    • 16ビートのジャカジャカストロークで。歌ってて気持ちいい曲。
  • 世界にひとつだけの花/SMAP
    • 教えて貰った指引きのアルペジオで。
  • 夜に駆ける/YOASOBI
    • 大好きな歌なので16ビートストロークでやりたかったんですが、歌の部分は8ビートストロークしました。
  • Lemon/米津玄師
    • 指引きのストローク。コードチェンジ早いところはルート音,5,6弦の和音で。

そんな訳で今日、近所の公民館で演奏してきました。

めちゃくちゃ緊張した。でも、すっごく楽しかった!

弾き語りはバンドとかでもやってたんですが、1曲を何度もやってベストテイクを拾うんじゃなくて、始めたら最後までやり通すってすごく緊張しました(何度か止まりかけましたが)。んで、スポットライトが当たると聞いてくれてる人が全然見えないんですよね。汗ダクダクでした。マイクが遠くて体勢が変だったり、指弾きをマイクが上手く拾ってなかったり、色々とありましたが。っていうか、間違えまくってボロボロだったんですが、楽しかった。

今回、バンドのメンバーがわざわざ聞きに来てくれててすごく嬉しかったんですが、ちゃんと自分が納得する演奏が出来なかったのが本当に悔しい。スマフォで録画してくれていた動画を送って貰ったんですが、ファイルを開くのがすごく怖い。私、基本的に自分の演奏とかってすごく好きなんですよ、自分がある程度納得するまでリテイクしてるから。だけど、今回は本当に申し訳ないーって感じ。

だけど、今日は本当にいい経験をさせて貰いました。公民館を会場に、コロナの事もあって観客は演奏者と最低限の身内の10人ちょっと。演奏者はみんなギター教室の生徒さんで、暖かく見守って頂いて、スポットライトやマイクもあって、ちゃんとしたステージです。先生曰く、みんなの前で演奏するのがとても大事との事。

けいおん!に影響されてバンド始めたけど、身内でやってたから舞台に立つ事もなく、アコギも趣味でちょこちょこやってただけだから、好きな曲のサビだけを部屋で口ずさんで終わりって感じが多かったけど、舞台を設えて頂いて、そこで発表する機会を与えて貰えて本当に良かったです。

改めて音楽って楽しいなぁって。ライトの当たった舞台で自分が弾き語っている時間はその舞台には自分だけで、下手でボロボロだけど自分の弾き語りだけで曲の時間分の舞台を作れた事が何だかとても嬉しい。

けいおん!で「今いるこの講堂が私たちの武道館です」ってセリフがあったけど、そういう事だと思います。コロナが収まったらバンドを再開して、どこかの祭りの舞台にでも立ってみたい、とか思いました。ライブをやりたい。

P.S.私の前にやった人と4曲中2曲かぶってて色々ビックリだ!(夜に駆けるとLemon)



(2020.10.22)(movie)劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編

『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』


他の映画がコロナの影響で延期・中止になりまくった関係で、上映会数をこの映画に全集中せざるを得なくなって、1日の上映スケジュールが電車の時刻表みたいになった結果、まさに無限列車とか上手い事言われてる話題の映画。

本当は封切り日に観たかったんですが、仕事終わりの時間が満席だったのとレイトショウが22:40開始みたいな感じでちょっと次の日がしんどそうだったので、今日の休みに観てきました。(上映開始時間が19:50、19:55って明らかに「レイトショウにさせないぜ!」って意志を感じる……。)

しかし、IMAXシアターとは言え、平日の朝一上映の劇場がほぼ埋まってる光景はなかなかに新鮮でした。普段は平日朝一なんて貸し切りみたいな感じなのに。メンズデーと夫婦の日がかぶってる日と言う事もあり、男性のソロや、学生カップルやリタイヤされた夫婦らしき人の姿が目立っていました。老夫婦と形容されるような人も散見され、これが封切り3日で46億の社会現象映画の力か、と思いましたね。まさに経済の柱になってる(この表現気に入ったらしい)。

そんな訳で、何とか初動と呼べる段階で観に行けた鬼滅の刃の劇場版ですが、最高でした。

……他に言いようが無いんです。面白いから是非観て!!と勧めたい気持ちよりも、ただただ最高だった、と自分の中で気持ちを噛みしめています。

※以下、ネタバレにつき未見の方は注意して下さい。































もうとにかく構成が素晴らしかった。アニメ2クールに続く話だから、アニメを見てない初見の人にも内容が分かるようにという配慮なんでしょうが、アニメ2クールで語られた設定やストーリーの部分を極力排して、多くの人が共感できる普遍的な感情の話を中心に据えたのが最高でした。鬼滅のキャラを使った道徳的な物語に仕上げていたのが良かった。

普遍的な感情とは「大切な人の死」、「死にゆく者が託す次代への希望」、そして「母と息子の愛情の物語」。炭治郎の部分で言えば「家族との絆」も入るでしょうか。こういう誰もの涙腺を無遠慮に崩壊させる、物語におけるジョーカーのような卑怯とも言える素材を、続編ならでは導入を省いた状態で2時間かけてじっくりと語って、それに極上の絵とアクションを乗せた映画ってなかなかないんじゃないかと思います。

何が言いたいかと言うと、煉獄さーーーーーん!!!!って事ですよ。

本当に煉獄さんの為の2時間、煉獄さんの為の映画だったと言っても過言じゃ無いと思います。スタッフロールも背景絵もずっと煉獄さんだし、EDテーマ曲の「炎」も煉獄さんの為の歌詞のように聞こえたし。(感極まってちゃんと歌詞聞けていないので、後でじっくり聞きたい。)

印象的だったのが上映後の劇場の空気。基本的に展開が全て涙腺を抉ってくるので、途中からも鼻をすする声が聞こえてきたりしていたんですが、煉獄さんの壮絶な死からのEDスタッフロールの後、劇場の灯りが戻った時の感じが、完全に煉獄さんの追悼式でした。後半の感動シーンですすり泣く映画は数あれど、上映後の劇場で多くの人がすすり泣く映画は珍しいんじゃないでしょうか。

話題の映画を観に行ったと思ったら、煉獄杏寿郎の追悼式会場に座っていた……だと!?

ちなみに私はマスクで口元が覆われてたのもあって、ボロボロと泣きまくってて肩を震わせてました。見終わった後、マスクが涙と鼻水でぐっしょりになってました。

繰り返しになるんですが、TV版アニメで無限列車に乗車するところまでやってるから、いきなり列車のシーンから物語を進められるのって大きいですよね。この前に観た同じく閉ざされた列車が舞台の「オリエント急行殺人事件」でも、列車に乗るまでの導入で20分以上は取ってたというのに。

そして、呼吸や型、鬼の血気術を「そういうもの」という事にして敢えて説明を入れていない英断。王道バトルものの利点ですね。いや、そりゃ見りゃ分かるんだけど、と言うか完全に映像で説明しようとしているのが素晴らしい。だいたいTVシリーズ続きの劇場版って解説が長々と入ったりするものだし。

で、丹次郎の過去も回想でさらっと触れるだけ。お館様とその周りはストーリーテラーとして多少登場したものの、ラスボスの鬼舞辻無惨は一瞬だけの登場、残りの柱の面子もED前にワンカットずつという割り切り方。普通だったら次のTVシリーズとかに備えて、多少なりとも柱を動かしたりするよね、と思ったんですがそれも無し。全てが煉獄さんの為に捧げられた2時間の物語でした。

映画を観る前は「え?無限列車のエピソードだけで2時間やるの!?列車で戦うだけでしょ?」とか思ったものですが、うん、そうだったよ。「列車で戦うだけ」の2時間を最高の形で描いてくれてたよ……。

少し話は逸れるんですが、この映画を観て2つ程、頭に浮かんだエピソードがありました。1つは聖闘士星矢のアイオロスがアテナを星矢達に託すシーン。最強を誇る黄金聖闘士が次代の青銅聖闘士に遺志を、と言うのがまさに柱と鬼殺隊。もう一つはSoundHrizonの楽曲「11文字の伝言」煉獄さんの母が語る、我が子を想う母の気持ちのシーンで。

これは鬼滅の刃の物語全体に言える事なんですが、この話ってキャラが結構死にますがみんな死を恐れていないんですよね。正確には、組織として部族としての自分の役割を皆が自覚しており、自分の責務を全うした結果として自らが命を落とすのであれば、大きな目的な次の代が果たしてくれると信じている。自らの意志を大切な人、伝えるべき人に遺志として伝えて、次の世代に続けていっているんですよね。

個人主義が叫ばれて久しい中で、家族やもっと大きな単位の組織の中で、下のものを守り大きな目標の為に進んでいく。自分の代で成しえないかもしれない事も、次の代、その次の代がきっと遂げてくれると信じて、次の代に伝えていく。王道っちゃ王道なんですが、そういう事をセリフで行動で叫び続けてる作品って珍しいと思います。煉獄さんが言った「若い芽を摘ませない!」というセリフがとても印象に残っています。

それと、アクションシーン、本当に素晴らしかったです。流石、劇場版。呼吸法と血気術によるいかにもなジャンプ王道バトルなのに、本当に格好いい。TV版からあった見栄えのする和風エフェクトアクションに更に磨きがかって、何と言うか安っぽくないんですよね。意志を繋ぐ、遺志を伝える大きな物語の上に、この最高のアクションが乗っているからこその、この劇場版の仕上がりなんだと思いました。

最後になりましたが、余計な導入や説明無しで、ただただ最高のアクションと煉獄さんを楽しめた至上の2時間でした。列車で戦うだけの2時間で肩を震わして泣くとは思わなかった。

追記。

上映後、あまりに茫然自失で劇場を去ったもので、入場特典の冊子を席に忘れてきたという失態。内容を1Pも見てないんですが、友達のBlogを読むと煉獄さんのモデルの人について書かれてるですって!?



(2020.10.12)(movie)オリエント急行殺人事件

『オリエント急行殺人事件』


名前は超有名ですよね。原作は読んでない……というかアガサクリスティ自体殆ど読んでいないんですが。何でもリメイク版の映画がTVで放送したらしく、ネットが盛り上がっていたんですがPrimeVideoに入っていたので観ました。

一番に思ったのは、豪華列車で雪の中を駆け抜けるっていうのは本当に映像映えするな、と。何より豪華列車の旅自体が本当にロマンですね。素敵な調度に囲まれた列車で、着飾った人達が優雅に旅をする。立派なバーもあれば、豪華な食事もある。今でこそ電車は移動手段ですけど、電車を使った旅を優雅に楽しく過ごすっていう豪華列車の旅は本当に贅沢。

雪景色や列車を使った劇中の構図が凝ってるなーと思った反面、ちょっと狙いすぎのように感じる部分も。下手に綺麗な画像だから逆に安っぽく見えちゃう。

内容に関しては、人間関係やトリックの部分でかなり説明が多いんですが、本でじっくり読んでると分かるんだろうけど、2時間映画だとちょっと駆け足で説明して終わった感が。でも、それはそれでいいと思う。

あと、灰色の脳細胞という言葉だけは知っていたポワロですが、普通に推理を間違えたり、肉弾戦の格闘やってたりと、色々と面白かった。この辺りは映画オリジナルなのかな?

で、トリックに関しては、流石に古典ミステリの名作と言われるだけありました。内容を知らない状態で最初の体験を出来て良かった。

さて、ネタバレ感想を読もう!



(2020.09.04)(game)雀魂の「かぐや姫(契約後)」の魅力を語る

少し前から「雀魂」というオンライン麻雀をちょこちょことやっていました。



特徴を挙げると、

  • アバターに拘らなければ良質なネット麻雀が無料で出来る。
  • デフォルトのアバターが非常に可愛い(2キャラから選択可)。
  • プレイ人数が多いのでマッチングに時間がかからない。
  • 場に出ている手牌の数、テンパイ時の待ち等をナビしてくれる。
  • Vtuberの実況と親和性が高い。

と出来が良いので、一人でちょこちょこ打ったり、友だちと喋りながら打ってました。キャラを増やそうとすると実質課金が必要になるんですが、ログインボーナスが一か月貰える(一か月貯めれば10連ガチャを引ける)600円ぐらいの課金をたまに払って、デフォルトアバターと契約(色んなアイテムを捧げるとキャラのボイスが増えたり衣装が増えたりする)を目指そうかな、という程度でした。そもそも、麻雀部分には関係ないところだし。

と思っていたんですが、8月のある日、新着情報を見ていると「かぐや姫」なるキャラクター(+α)が実装されるとの情報が。グラフィックを眺めながら、いつも良い感じのキャラデザを導入してくるよなーと思っていました。

ちなみにこんな感じの外見。

が、その数日後、Twitterのフォロワーさんがこのキャラクターの契約後の衣装をアップしていました。










もう、びっくりするぐらいに一目惚れ。心の琴線に触れまくりでした。これはもう課金どうこうじゃなくて手元に置いておきたい!ちょうどピックアップ期間中で排出率約4.5%とソーシャルゲームとしては良心的な確率だったので、これはもう出るまで回そうかと覚悟を決めてガチャに挑みました。結果的には最初の10連で引けた訳ですが。

と言うわけで手に入れた「かぐや姫」。契約を結ぶのに色々とアイテムを集めたり手続きが必要だったので、毎日ちょこちょこと麻雀をしつつ2週間程で無事契約を結ぶ事が出来ました。数万円ぐらい課金すればすべてを飛ばして一気に契約まで行けたんですが、流石にそれはちょっと。

そして遂にかぐや姫と契約を結んで↑の写真の姿を手に入れた訳なんですが、このキャラクターと言うかこの衣装、純粋に可愛いとかエロいを通り越してすごく興味深いデザインだったので、ちょっと熱があるうちにその想いを言葉に吐き出してみます。


まず、バニーガール!+10000点。ウサギ=バニーガールという発想、王道ですが素敵です、最高。ちゃんと尻尾も付いています。

全体的にバニーガールと和装を何とか折衷しようとしたデザインが本当に好きです。

首元を見ると、振袖は羽織っているだけなのに何故か重ね衿が……と思ったら、これ多分、重ね衿をバニーのタイに見立てているのだと思います。タイは素肌に直接つける事もありますが、重ね衿を素肌に直接と言うのは目新しかったです。衿先がバニースーツに入っているところはご愛敬。

そして振袖。振袖は羽織るだけという割り切り方。ハレルヤオーバードライブの麗を思い出します。なんですが、背中や割にスリットが入っているんですよね。バニーのジャケットや外套、マント的な意匠を取り入れた、羽織る用の振袖というところなんでしょうか。裏地に宇宙が描かれているのも、かぐや姫の月を連想させます。

振袖なんですが、袖の部分は下に長襦袢を着ているんですが、他のところは長襦袢が見えないんですよね。身体の後ろに直接振袖の裏地が映っているし。

喪服の比翼や、襦袢のうそつき袖のように、本来は重ねて着るけれど、見える部分だけパーツを重ねて着ているように見せるという手段はよくある話。洋服でも重ね着風に見える服がありますし。

ともかく、振袖を羽織る用に特化させて、袖口だけは長襦袢が覗いているという構造、何でもありと言えばそうなんですが、よく考えたなーと。

次に、バニースーツと言うかレオタード。前提としてテカテカしててエッチですね。なんとレオタードの上から帯をしているという斬新なデザイン。用途じゃなくてデザインとしての帯。

これ、帯の下(帯なのか別パーツなのか分からないですが)にスリットが入っているんですよ。これは多分バニーガールのジャケットをモチーフにしているんだと思うんですが、これが本当にすごい。バニーさんのジャケットって胸元を強調する為に胸元が開いて腰のところでボタンを留める構造になっているものもあります。

この衣装は普通に見ればバニーガールのレオタードなんですが、帯の下のスリットの存在によって「これはバニージャケットです」と宣言することで、背中に大きく羽織った振袖をバニージャケットに見立てた壮大な借景として使っているんじゃないかと。そう考えると、振袖の背中と脇にスリットが入っているのも納得がいくんです。背中に羽織っているのは振袖であり、バニーガールのジャケットでもある、と。

それと、ここ個人的にすごく大切な部分なんですが、袖の扇面に描かれてる模様。契約前は雀牌がそのまま描かれていて、ちょっと無粋に感じていました。女の子の服の柄に雀牌は無いわ、と。しかし契約後は、よく見れば筒子の意匠かな?というぐらいの柄になっています。そして扇子自体が高級感溢れるものになっています。赤地に金はいいですね。もっと言うと、袖の柄付け自体がとても上品でボリュームのあるものになっています。やっぱり袖の柄は大事。

何気に耳も契約前の曲がった状態から、ピンと伸びた状態になっています。ガンダム!?耳に関してはどちらの形状も素敵なのですが、ピンと伸びた契約後の方が全体的に豪華に寄せている雰囲気にそぐうのかもしれません。

そして、レオタードにはチュチュ風のフリルが付いて……と、ここまで書いた時点でもう一度イラストを見直してみたんですが、この格好ってもしかして、襟付きの袖無し下着の上からバニーのレオタードを着ているのかもしれません。で、足元に見えているのはレオタードに付いているチュチュではなくて、ワンピースかツーピースか分かりませんが、下着の上からレオタードを着ているから、その下着の裾が見えているだけなのかも!?

だとしたら余計すごいなー、このデザイン。そもそも、和装の下着の上からレオタードを着て胸の形を出すという発想が無かったのと、スリップのような下着の上からレオタードを着るというのも予想外。

ただ確実に言えるのは、チュチュであれレオタードの下に着た下着であれ、ストッキングの足元に白い差し色が入ることで絶対領域のような絶妙なアクセントになっていると思います。衿の色とも合ってるし。

更にダメ押しのように纏っている羽衣!もう、どれだけ要素をてんこ盛りにするんだ、と。大好き。

契約前とはアクセサリも変わっていて、足の輪っかが大きくなってたり、扇子の房が2房になって飾りも豪華になっていたり、頭の鏡や髪飾りに至るまで色々と豪華になっています。が、豪華になっているんですが、色調は契約前の鮮やかな赤白ではなく、黒と紺そして大人しい色調の赤がメインなので、全体的に見るとかなり気品、威圧、雄大、古典といったイメージがついている気がします。イラスト自体が横に大きいレイアウトになっているので安定感も増している気がします。

とまあ、色々とこのイラストに惹かれた理由を書いてみたんですが、好きなものを言葉にするのって難しいですね。和服に光沢のあるレオタードの組み合わせってエロイよね!の一言で済まそうかと思ったんですが、流石にそれでは勿体ない気がして。しかし、本当に絵柄と言うかデザインでこれだけ一目惚れしたイラストは久しぶりでした。

余談ですが、かぐや姫は契約しないと純粋な笑顔のスタンプが使えないので、契約するまではどのスタンプを使っても煽りになってしまうという恐ろしい娘でした。




|<< December 2020 >>|
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31