Marumaru's TinyPlaza

Date

   D r o p   o f   p a s s i n g   m o m e n t .

     A n   e s s e n c e   o f   d a i l y   l i f e .

       T h e   c a n v a s   p a i n t e d   m y   c o l o r .

         E n c o u n t i n g   n e w   s e n s i b i l i t y .

(2017.07.27)(book)超高速!参勤交代 リターンズ

『超高速!参勤交代 リターンズ』/土橋章宏


前作が面白かったので、勢いで続編も読みました。

多分、こっちの方が映画の画面で映えると思う。

ただ、前作は「5日以内に江戸まで参勤する」テーマに絞って、そこに色恋沙汰や仲間との出会い別れを絡めていたのに対して、今作は湯長谷までの交代をメインには据えているものの、交代と並行して江戸での絡みや戦い、交渉等が入っていてちょっとテーマが散漫な感じ。

少数精鋭の遊撃隊的な参勤交代精鋭チームが、無理難題に挑む為に知恵を絞って挑む、少しでも身軽にする為に武器は持たない、という部分が面白かったのに(その代わり避けられない戦いは段蔵にまかす)、リターンズでは普通に武器を持って戦ってるんですよ。しかも、やたらと強すぎる。

結局、話を盛り上がる為とはいえ、主人部隊のチートぶりがちょっとやり過ぎかな、と。多分、その辺りも含めて映画として映像で観れば楽しめるんだと思う。

加えて、綿密な計画に基づいた1作目に比べ、参勤交代の計画が雑、と言うか行きあたりばったりだったように思いました。いくらなんでも丸二日不眠不休で走り続けるのは無理だし、そうなると馬なりの乗り物か、海路を使わないと間に合わないのは必然で、そうであるなら最初からそれを織り込んだ計画にして欲しかった。

と、愚痴を書いてしまいましたが、何だかんだでものすごく楽しんで読んでいました。何よりテーマが「参勤交代」なので、江戸までの参勤を終えた後に湯長谷までの交代を成し遂げないと、参勤交代を成功させたことにはならないので、このリターンズで初めて物語に区切りが付いたと思います。



(2017.07.25)(book)ストラディヴァリウスを上手に盗む方法

『ストラディヴァリウスを上手に盗む方法』/深水 黎一郎


3篇のお話から成る短編集。

とにかく、楽器に関する薀蓄量が凄まじい。作者がクラッシック畑でピアノより弦楽器の方が好きと言うのがこれでもかと伝わってきました。専門分野で書かれた薀蓄たっぷりの小説は読んでいて楽しいです。知らない分野の追体験が出来るのが小説の魅力ですから。

ちょうど最近、「純正律」と「平均律」の違いの話を知り合いと話していたので、その辺りの内容が特に興味深く読めました。純正律と平均律に関する和音の話は、理屈としては分かるんだけど、感覚的にはピンときません。

話としては、処女作らしい最後の話以外は普通に面白いといった感じでしたが、クラッシックとヴァイオリンに関する薀蓄が楽しく読めるので、そういった意味でオススメ。

読後にワーグナーの舞台作品が観たくなりました。



(2017.07.24)(book)超高速!参勤交代

『超高速!参勤交代』/土橋章宏


いつだったか、映画館の続編のリターンズの予告を観て気になっていたので、1作目の小説を読んでみました。

とにかく分かりやすく、笑いあり、涙ありのエンターテイメントでした。本当にテンポが良い。場面が映像として頭に浮かぶのは、百田尚樹もそうなんですが、この作品は画面が動いている動画として頭に浮かびました。活字を読んでいるのに映画を観ているような感覚。

メインどころのキャラが分かりやすく立ってる事、ストーリーが分かりやすい事、必要以上に暗くならない事っていうのは娯楽において大切な要素なんだなぁ、と。

マッドマックス怒りのデスロードを思い出しました。



(2017.07.20)(book)君の膵臓を食べたい

『君の膵臓を食べたい』/住野よる


以前から気になっていて、何となくストーリーは想像ついたんですが、読んでもいない本をとやかく言うのも嫌なのでスルーしていました。が、映画化ということでネタバレを見る前に読みました。

核心に触れることを書いております。ご了承下さい。

恋愛小説は好きなので、甘酸っぱい青春ものならもっと素直に楽しく読めたんだと思いますが、他人との関わりを避けていた主人公がヒロインとの交流を通じて意思の疎通、心の遣り取りを覚えるストーリーなんですよ。つまり人格形成のお話。

なので、学生時代ぐらい迄だととても心に残る一冊になったのかもしれませんが、いい年したオッサンが傾倒する話でもないかな。と言うのが素直な印象。

ただ、それは自分が読んだ時期や、過去の多感な時期に同じようなテーマの物語に触れたからであって、話としてはとてもよく出来ていたと感じました。構成がとても綺麗で、伏線回収もちゃんとしている。後半の少し意外な展開からのラストまでの流れは惹きこまれました。

2000年前後、Kanon辺りが流行った頃に散々言われた事なんですが、人の「死」と言う物語におけるジョーカーを使うと、読み手の心は否応無しに動かされます。一番普遍的に最大公約数の人に共通する体験、感情と紐付けられますから。その終わりの形を早い段階で提示された上での心の遣り取り、その後の再スタートというテーマは王道過ぎるので、どうしても予想の範疇の感想で終わってしまいました。

ですので、小説でも映画でもいい、感受性の豊かなうちに、人格が形成されきる前に、王道ストーリーを王道だと感じずに素直に受け入れられる間に、触れて欲しい作品だと思いました。



(2017.07.18)(book)ハミングバード・ベイビーズ

『ハミングバード・ベイビーズ』(1巻+Web連載13話迄)/久住昌之・朔田浩美


女性2人がメインの音楽と酒と肴の話。

原作が「孤独のグルメ」、「花のズボラ飯」の久住昌之さんなんですが、ハイテンションでおかずの名前を呼びあげ、素材や作り方をレトリカルに謳っていく様は、まんま「花のズボラ飯」でした。

久住昌之さん原作の話で酒がちゃんと入る話を初めて読みましたが、うん、ただの飲兵衛じゃないか(褒め言葉)。

というか、オッサン(失礼)が話を描いてるせいで、女の子が主人公なのに、根底がやたらとオッサンくさくて非常に親近感を覚えるんですよ。普段はOLやってる美人の女の子がワンピース姿でギターを弾く姿なんて映えるに決まってるでしょ!ギャップもあるし。しかも弾いてるのはハミングバードだし、師匠仕込みの魅せるテクニックがあるとか、何それ、マンガみたい。

そのくせ、夜はお店の選択も注文の仕方も完全にオッサンだし。本当に最高。

やっぱりね、肴が美味しいとお酒も進むし、お酒が進めば会話も弾んで、その中で親しくなっていって、人生が絡み合っていくもんだよね。

しかし、音楽系の話かと思って読み始めたら、がっつりとグルメ……っていうか、居酒屋で舌鼓打ちながらがっつりと肴の礼賛をしてるグルメマンガでちょっと驚きました。




|<< August 2017 >>|
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31