Marumaru's TinyPlaza

Date

   D r o p   o f   p a s s i n g   m o m e n t .

     A n   e s s e n c e   o f   d a i l y   l i f e .

       T h e   c a n v a s   p a i n t e d   m y   c o l o r .

         E n c o u n t i n g   n e w   s e n s i b i l i t y .

(2019.12.03)(movie)ペンギン・ハイウェイ

『ペンギン・ハイウェイ』


Amazonプライムで配信が始まったので観ました。

子供の頃の世界は、とても広くて果てなんか無くて、不思議と冒険とトキメキに満ち満ちていた。背伸びしたがりの小学生が、ミステリアスで綺麗なお姉さん、そしてクラスメイトと駆け抜けるとある夏の物語。

もう、本当に爽やか。今でこそ「おねショタ」って言葉で簡単にレッテルを貼ってしまうけれど、年上のお姉さんの魅力を余すところ無く描いていました。こんなお姉さんが居たら絶対に憧れる。そしてその後の人生を確実に拗らせる。

そして、研究熱心の主人公が潜在的なおっぱい星人で、おっぱいを熱く語ってたのが面白すぎる。うんうん、良いよね。

しかし、全体を通じて研究に対する姿勢、研究者とはかくあるべきか、というテーマについて語られているのが印象的でした。不思議な事が起こっても、その現象についての仮定を立てて、自分で考えて答えを導く事で道を切り開いていく姿がとても格好良い。そして、周りの大人達も良いんですよ。研究者の大人は、相手が子供だからといって舐めずに、一人の研究者として扱い、分からない事に対しても考え方の方法を教える。そして好きにやらせてくれる。

ちょっと不思議な事が起こるひと夏の経験系の物語はよくありますが、その不思議に対してここまで真っ向から研究しているのは珍しい。原作は森見登美彦さんの小説のようですが、読んだ事のある「夜は短し歩けよ乙女」と「夜行」を見ても、とても不思議な話が多いんですよね。現代が舞台なんだけど、世界の中に不思議な事が自然と紛れ込んでいる。SF……なのかな?

EDのスタッフロールを観て、CVが役者さんも多いけれど、実力派の有名な声優さんも多くて、だけど好きな人ばかりだったのに全然気付かなくてショックでした。全体的にアニメ特有の誇張した演技が少なかったように思います。

最後に、全体的にBGMが本当に素敵でした。映画を観ている時、BGMはシーンを引き立ててくれるものだからBGM単体で印象に残る事は少ないんですが、素晴らしく綺麗な映像が流れているにも関わらず、シーンを盛り上げてなおBGM自体の素敵さが際立って耳に残りました。すごく透明な感じの音。

冬に見てこれだけ爽やかなら、夏に見たらどれだけ爽やかになれたんだろう。



(2019.11.26)(movie)ブレードランナー ファイナル・カット

『ブレードランナー ファイナル・カット』


ターンエーガンダムでシド・ミードの名前を知った時に一緒にタイトルは知っていたんですが、未だに見てはおらず、古典の名作として教養として見ないと……みたいな変な脅迫観念に駆られながらも結局見ないままだったんですが、2019年の11月がブレードランナーの舞台の年と知り、今見ないといつ見るんだよ!ってことで見ました。(PrimeVideoは本当に便利な文化)

この映画が作られた1982年と言えば私が生まれた頃。その時に想像した37年後の未来を、その年をむかえた現在に見る事が出来るのは不思議な気分です。

サイバーパンク?スチームパンク?(違いがよく分かっていない)の作品で見かける「それっぽい世界観の描写」はこれが原典だったんだって思うと、すごく納得しました。やっぱり原典を知らないと、影響を受ける過程やオマージュを正しく理解出来ないですね。温故知新。

空飛ぶ車や、コンピュータ技術、解析技術といった現代で実用化されたりされなかったりした技術を、とてもアナログな手法で実現した未来を描いているのが、とても浪漫があります。だから実際の未来とは違っていても、未来の一つの形として、サイバーパンクやスチームパンクの世界が広く受け入れられているんだろうな、と。

未来の一つの形、所謂パラレルワールド的な考え方はSFでは一般的だと思うんですが、個人的にはシュタインズゲートの物語で実感として根付きました。過去改変や並列世界、それぞれの世界に及ぼす影響についてゲームやアニメという形でとても分かりやすく描かれていましたから。

それと、ストーリーは、思ったよりサスペンス寄りで意外でした。勝手なイメージで、すごいアクションが繰り広げられるような作品だと思っていたので。ただ、メッセージ性は本当に強かった。だからこその名作なんだろうなぁ、と。

そして、最後の終わり方が最高に格好良くて痺れた!



(2019.11.24)トンネルの話

子供の頃、母方の実家によく遊びに行っていて、そこで年上のお兄さん達に可愛がって貰っていました。母の実家は山や川の自然に恵まれた田舎で、当時はおばあさんが畑をしていたので、猫車に乗せてもらってお兄さん達と畑仕事の手伝いに行ったものです。

実家から徒歩数分の丘の上に線路が横たわっていて、その下に幾つものトンネルがありました。そのトンネルを抜けて畑に行っていました。畑以外にも、山や川に遊びに行く時も全部トンネルを通っていきました。

トンネルには番号が振られていて、今日は○○の畑に行くから12番トンネル、今日は川に行くから11番トンネル、今夜はお祭りに行くから9番トンネル、今日はちょっと遠くに遊びに行くから7番トンネル。違う番号のトンネルをくぐる度、目の前に違った景色が広がって、違う場所への道が続いている。

トンネルはアスファルト舗装されて車も通れるものもあれば、歩いて通るのもやっとぐらいの小さなものまで、大きさや形も様々でした。それままるで扉のようで、違う扉を開けば違う世界へ続いている。ちょうど当時発売されて、お兄さんに家で意味も分からず遊んだドラクエ2の旅の扉に近いような感覚を持っていたのかもしれない、と今になって思うんです。

今はもう移動の手段が車になってしまって、当時の生活圏なんて一瞬で走りすぎてしまうけれど、当時はトンネルの間が移動単位で、子供の足だとトンネルの番号一つ分移動するのも心が躍る冒険だったんです。

最近、用事があって母の実家に久々に行ってきました。大掛かりな区画整理を施された田舎は、当時の面影はなくなっていて、記憶の中の地図と目の前の風景が一致しない不思議な感覚です。見渡す限りの道がコンクリートに舗装され、川は細く四角い用水路みたいになり、畑だった場所には住宅が立ち並んでいました。

猫車と米袋で歩いた道も、車にスマフォで通り過ぎているんだから何もかも違うよね、と少ししんみりとしていました。

Googleマップで改めてみると、手の中に納まりそうな狭い狭い範囲の地図。当時は、この場所の秘密を少しでも見つけようと隅々まで歩き回っていたなぁ、と。

ラーミアで飛べば瞬く間のアリアハン大陸、ノーチラスで飛べば一瞬の浮遊大陸、一度便利な視点を手に入れたらもう昔と同じには戻れないかもしれないけれど、小さく弱い時代を足で歩いて、一歩一歩視界を確保していった思い出の場所の記憶は特別なものです。(唐突なゲーム脳)

先日の夕方、車で走った時に地元ローカル線が走る線路のトンネルを抜けた時、茜空の下に輝く畑の姿が目に入ってきて、一瞬だけ、ほんの一瞬だけ、遥か昔の自分と意識が繋がったような気がして、懐かしくてこんな記事を書いています。

惜しむらくは、この経験を次の世代に伝えることが多分無いんだろうなぁって事ぐらいでしょうか。まあ、ここに書けたからいいや。ここは、私の好きなものだけを並べた小さな広場なので。



(2019.11.12)(book)現実逃避してたらボロボロになった話

『現実逃避してたらボロボロになった話』/永田カビ


この人の漫画は何より絵が魅力的。同じような絵柄がありそうで他に無い良さがあるオンリーワンの絵柄。そして、最初のレズ風俗~から比べて表現力がとても上がってる。伝えたい事がとても分かりやすい。

酔っ払い漫画ってのは基本的にそれだけで割と面白いものなんですが、この漫画は描かれているテーマ自体が興味深いです。

酒に逃げてボロボロになって、こんな事は絶対に漫画になんか描くか!と思った状態から、その事をエッセイ漫画に描こうと思うところまでの意識の変化を描かれていて、人の考えを追体験出来るような漫画でした。

意識が変わったところで終わるので、そういう意味ではオチは無いんですが、そもそもエッセイ漫画だし。

演出も面白くて、昔の少年漫画にあったような2色刷りなんですが、黒と蛍光オレンジのマーカーで塗ったような2色刷りの配色です。ある意味贅沢な気がする。

毎日飲み歩いて、居酒屋の店員さんの挨拶が「おつかれさまです」になった辺りで自分の中で冷めて、飲み歩くのを止めたっていうエピソードがなんか分かる気がする。



(2019.10.22)(book)medium 霊媒探偵城塚翡翠

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』/相沢 沙呼


死者の魂が見える霊媒師のヒロインと、推理小説家の主人公がタッグを組む探偵モノ。殺人現場において霊媒師であるヒロインは犯人は分かるけれど、それだけでは証拠にならないので、その間を小説家の主人公が探偵となって埋めていく、と言うお話。

と言うお話。

うん、すごく面白い話でした。

とりあえず、後半でフフフ…って声に出してにやけるぐらいには面白かった。

帯の「すべてが、伏線」と言う煽りに、またかーとか思いつつも、読み終わってみると確かに納得しました。途中に散りばめられた違和感が後になって回収されるのは確かに気持ちが良い。

それと、ヒロインの城塚翡翠がとても魅力的でした。オタク好みのあざといキャラです(笑)

多分、詳細を書くには「ネタバレ」とつけた方が良い類の話だと思うのでこの辺りで。井上真偽あたりが好きなら多分楽しく読めるのではないかと。

そして最後の後ろ髪を引かれる様な読後感がなんとも言えず切ない。青春小説って言っても良いんじゃないかと個人的には思いました。

多少、ネットのスラングやサブカル系に造詣があった方がネタを楽しめるのかも。今では一般用語なのかな、自分がネットどっぷりだからよく分からない。

最近のミステリ小説って古典を踏襲した上で新しい事をやらないといけないから、本当に大変ですね。

最後に、表紙イラストを含めた装丁がとても素敵でした。




|<< December 2019 >>|
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31