Marumaru's TinyPlaza

Date

   D r o p   o f   p a s s i n g   m o m e n t .

     A n   e s s e n c e   o f   d a i l y   l i f e .

       T h e   c a n v a s   p a i n t e d   m y   c o l o r .

         E n c o u n t i n g   n e w   s e n s i b i l i t y .

(2018.12.06)(movie)機動戦士ガンダムNT

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』


ネタバレしていますので未見の方はご注意を。





























フェネクスって世代的にどうしても聖闘士星矢のフェニックス一輝が浮かんでしまう。そして不死鳥と言うテーマだとやっぱり火の鳥が浮かんじゃう。これはもう原体験だし刷り込みだからどうしようもないんだと思う。

んで、テーマだけで言うならメーテルリンクの青い鳥。それ位に壮大で難しいテーマ。


宇宙世紀に後付で歴史を差し込みまくってパンパンになってしまったから、宇宙世紀自体を補強して次の100年に繋げようって感じのお話みたいです。……なんだろう、岩手の奇跡の一本松を思い出しますね。何がとは言いませんが。

私、宇宙世紀(と言うかガンダム自体)は詳しくないんですが、逆襲のシャアはそれなりに好きなのでその感覚で語るんですが、サイコフレームってそもそもが人の脳波を感知する為のサイコミュシステムをチップ化して機体の中に埋め込めるようにした、ってものだったような気がするんですが。んで、それによって大容量を必要としたが為に大型化を余儀無くされていたサイコミュ兵器搭載モビルスーツの小型化に成功した、と。

で、逆襲のシャアの最後ではそのサイコフレームが共振を起こしてあの結末になったと理解しているんですが……。いつからサイコフレームって人の魂の器になったんでしたっけ?人の意識・魂と呼ばれるようなものを肉体というくびきから解き放って、高次元へと導く、すなわちそれは人類の不老不死に繋がる……。

これが、宇宙世紀を拡張して次の100年に繋げる為の新たな設定だと思うんですが、あれですかね。ガンダムでオーラバトルをもっと合理的に映像的にも分かりやすく行う為の布石なんでしょうか。今後の宇宙世紀ガンダムはオーラバトル主体になるんでしょうか。

いやね、設定を付け足したり差し込んだりするのは良いんですが、既存設定を拡張と言う名目で改変するのはどうなのよ?と。逆襲のシャアはあれで綺麗に完結している話なのに、それを引き合いに出して別解釈を公式設定としてしまうのには違和感を覚えます。メタル化されて観光資源として再び陽の目を浴びた一本松の中の樹木は既に腐ってるのよ!

別作品として作ってるんじゃなくて、過去の宇宙世紀作品のニュータイプ設定を引き合いに出して、その再定義を行おうとしてるような絡み方が気になったんです。特に逆襲のシャアに関してはオマージュと取れる部分が多かったですもんね。最後のサイコフレームを届ける時の「サイコフレームが多い方が有利に~」の件や、その行為自体が完全にフラグでラスボスに撃たれてしまう部分とかも。あれ、シーンから先に作ったような気がして、あの行動の目的がいまいち謎でした。ちゃんと観れていないだけかもしれませんが。

しかし、リタがヨナとミシェルを引き入れたのは、3人の力を合わせて「本来この世に存在してはいけない」セカンドネオジオングを葬る為、みたいな描写がありましたが、そもそもそれより先にフルフロンタルのネオジオングがある訳で、もっと言えば、その決意をしたのって子供時代だから先にシャアのアクシズ落し(未遂)があった訳で、そっちの方が先に止めないといけない脅威だと思うんですが。歴史が繋がった作品での過去回想は危険だな、と思わずにいられませんでした。

と、何だかんだ書いてしまいましたが、内容としては好きです。特にメカニックを含めた戦闘に関しては流石劇場版という感じでした。フェネクス、尻尾の造詣がどうやってもフェニックス一輝を連想させるけど、ある程度大きなパーツがサイコミュで飛び回る図と言うのは非常に好きです(νのフィンファンネル然り)。そして、機体名は分かりませんが、ビーム薙刀が大活躍なのは熱い。んで、ナラティブガンダムの追加装備のゴテゴテっぷりが良いです。オラタンのグリスボックを彷彿とさせる感じ。ゴテゴテした重装備は宇宙戦ならではですね。

何より、ラストバトルでゾルタンが載る機体がセカンドネオジオングからちゃんとパージしてくれたのが嬉しい。0083みたくゴテゴテしたもの同士の戦いも良いんですが、最後はパージして抜き身で戦ってくれた方が、やっぱり好き。ただ、バトル中にアップテンポボーカル曲を流すのは……好きだけど、ガンダムでやらなくてもなーって思ってしまいました。この辺り、他の人はどう思っているんだろ。

それと、ラスト近くでヨナがフェネックのコックピットに入った時、そこにリタの姿は無く、ペンダントの欠片が漂うのみ……そして一つになるペンダント。うん、分かってたさ、こうなる事は。でも、こういう展開は大好き。むしろ、張った伏線を綺麗に回収したと言える部分だと思います。

しかし、主人公3人って結局リタとヨナが相思相愛で、そこにミシェルが憧れてるっていう何とも切ない構図。

全体的に、ちょっとおとぎ話が入りすぎてるけど、面白かった。でも、逆襲のシャアを始めとした過去の宇宙世紀作品は大人しく眠りにつかせてあげて。って感じ。細かいところで確認したいところがあるから、もう一度ぐらいみたいなぁ。


追記 なんだかんだでリタ可愛い。

追記2 リディさんがすっかり白くなっちゃって。飛んで行っちゃいそう(色んな意味で)になるニュータイプを引き止めるオールドタイプ役っていうのは、意外と格好良くて大事な役だと思う。



(2018.11.24)(tour)長崎(佐世保)に行ってきた

少し前、長崎に旅行に行ってきました。

岡山空港

Nagaleさんを迎えに岡山桃太郎空港に。

そう言えば、この名前になってからの岡山空港に来たのは初めてかもしれない。しかし、夜に来るとネオンの色とフォントで妙に歓楽街みたいな雰囲気に。

岡山県の片田舎

(写真提供:Nagaleさん)

地元の居酒屋でモツ鍋など。

もともと地元に居酒屋が少ないのもあるんですが、食に関しては最強の座を欲しいままにしている北海道の友人に対して、真っ向から味で勝負は流石に分が悪いので、ある程度融通の効く馴染みの店でまったりと。寒い夜に、温かいものを囲みながら飲む熱燗は最高ですね。そこに親しい人との会話が加われば、まさに至高の一時な訳で。

博多に向けて

翌日、博多に向けての新幹線。

早朝からビールを飲んでいると旅行気分が盛り上がります。肴はせんじ肉。非常にアゴが鍛えられる触感。

博多駅

博多駅の乗り換え口辺りで。こういう真面目な広告に使用されているイラストは非常に好きなのです。

特急みどり+ハウステンボス号が連結した特急列車。2列シートに絨毯敷という快適かつ落ち着いた車内でした。この辺り、観光に特化してるよなぁ、と。

有田

有田で下車して、義実さんと合流。

久々に3人揃ったので久闊を叙した後、移動。(えぇ、この言葉が使いたいだけです。このシチュエーションでしか使えない言葉なので許して)

この時、ちょうど有田市内で陶磁器まつりが開催されていて、駅前の商店街にノボリが立っていました。と言うか、陶磁器屋さん多い!そこら中に陶磁器屋さんがあって、まつりのノボリを掲げながら店先でワゴンを出している姿は活気に溢れていました。

なんでもワゴンでは訳アリ品を安価で放出しているらしく、有田焼が数百円の均一とか、1000円とかの福袋に詰められているっていう、窯元のお祭りでしか見られないであろう光景を見る事が出来ました。

何にせよ、商店街が賑わって人通りがあるのは良い事です。人が寄れば、需要の幅も広がるし何より活気が出て関わっている人みんなが幸せになれる。

ドライブイン鳥

有田で降りて向かったのは、「ドライブイン鳥」。地元では有名なお店らしいんですが、ゾンビランドサガのアニメに登場していて、あまりのインパクトに惹かれてどうしても行きたくなったので、急遽行程を変更。

この看板のインパクトたるや。

  • [公式]鳥料理にこだわるドライブイン鳥|有田鶏/伊万里牛.お客様の美味しかったその素材は本物です。

店内にはゾンビランドサガのポスターが。余談ですが、花火の3尺玉って相当大きいよね……。

少し前に、ユーリ!!! on ICEでもコラボがあったみたいで、それぞれの関係者の色紙もあったり。お店の雰囲気は家族連れや子供に親しまれるお店、みたいな感じなのに軽いフットワークで色々とコラボする姿は大好きになりました。

んで、ここの人気メニュー「一番定食」をいただきました。とり飯、チャーハンっぽい見た目なんですが、実際はおこわみたいな感じ。そして、鶏が美味しいってことは、卵も美味しいという事で、卵好きとしては嬉しい限り。

何より、真昼間から網で肉を焼いてビールを飲むとかもう異次元ストーリー。ドリムノートに書いたの誰!?そして、ビールは黒ビールとのハーフ&ハーフ。ハーフ&ハーフって普通のビールと黒ビールのサーバーを両方置いてないと出来ないから、飲めるお店少ないんですよねぇ。

チャイナオンザパーク

ご飯の後は、「チャイナ オン ザ パーク」という陶磁器の展示場兼即売場みたいな場所へ。

入口に展示してあった磁器の青さに惹かれました。焼物とは思えない吸い込まれるような深い青。この青い釉薬を使って描かれた模様の綺麗な事、綺麗な事。艶のある白と深い青、それが描かれている磁器の丸い曲線が何とも言えず素敵でした。

小高い丘の上には、値段も付いてはいるものの、美術館のような雰囲気の展示場へ。この入口がRPGっぽくて雰囲気ありますね。

しかし、3人で磁器を目の前にしてテンションが上がって、柄や焼き具合について語っていたっていう……。詳しいことは分からないけれど、焼き物自体の魅力に気づいたのは、年を重ねた結果なのかもしれません。

丘の上からの景色。紅葉が綺麗でした。

させぼ競輪

させぼ競輪。このマスコットキャラの九十九凪海(くじゅうくしま なみ)ちゃんが可愛すぎたので、是非とも、この場所で本物?を見てみたかったんです。

どう見ても萌えキャラなんですが、シリアス寄りのデザインと、たまにキャラデザが崩れて目元がちょっと怖くなる隙がある辺りも含めて本当に可愛いなぁ、と。そしてデフォルメ時の丸さがたまらない。

裏側から撮っていた事に後で気づきました……。

佐世保市民文化ホール

正面入り口。

この施設の説明はプロにまかせます!

舞台は玉座に後光が差し込んでいるイメージらしいです。

艦これで見たやつだ!!

艦これで見……出展がウィキペディア……だと!?

西海国立公園

入り口……なんですが、ここに来るまでの坂がすごかった。九十九島を眺める為に九十九折の坂を上ってきました。カーブが多すぎて走り屋でも走っていて楽しくないレベル。

しかし、佐世保は坂が多かったです。坂の途中に普通に家が建ってる。海の見える坂の街っていうと聞こえは良いんですが、それは多分北海道の人に雪が綺麗で良いですね、って言うレベルなんだと思う。

展望台からの風景。もう最高でした。潮風を感じながら目の前に広がるパノラマを眺める贅沢。

頂上のオブジェ。

九十九島を眺める為に展望台その2へ。

九十九島に降り注ぐ陽光。あー……これは神が御座します場所だ。ちなみに、この1枚の為にかなりの枚数を撮ったのは秘密。

あしながおじさんっぽい感じで。

♪きれいごとは苦手なの~愛のことばあふれても~

させぼ商店街

生きていて活気がある商店街は素敵です。

SASEBO is ナンバー湾!

近くで眺めると本当に綺麗でした。これ、準備するの大変だっただろうなぁ、とか。

十字架が乗っていれば教会という風潮。まるでメイドさんみたいだ。(メイドキャップさえ装着していれば~)

DDRを踏みたくなるオブジェ!

♪Ay, ay, ay I'm your little butterfly~

佐世保駅

ホテルに行くついでに目の前の佐世保駅に。

うん。これを見たかったんだ。あくまでJRの最西端駅なので、他のローカル線を入れれば、その限りではないです。

佐世保市街

何と言うか…悪魔城ドラキュラ(月下の夜想曲)が浮かびました。

夕飯を食べた居酒屋さん。カタクチイワシが出るとワンドリンクサービスみたいですが……。

残念!イシダイでした。

いやー、本当に美味しかった。お酒も肴も。珍しい刺身を食べられたし、長崎の地酒は堪能出来たし。

でも何より楽しかったのは、3人で酒を飲みながらグダグダと話すこの時間。この時間を創る為に、岡山と北海道から長崎に集ったと言っても過言ではない……と言うか、これが完全に目的。

本当に至福の一時でした。

近所のお店で〆ちゃんぽん!やっぱり長崎に来たならちゃんぽんは食べたいです。

ちゃんぽんはリンガーハットぐらいでしかまともに食べた事がないですが、出汁…と言うか野菜と魚介のエキスがスープに染み出していて本当に美味しかった。特に魚介!しかし飲んだ後の体に塩分が染み渡って最高。

ホテルに帰って泥のように寝て、翌朝、ホテルのロビーから眺める佐世保駅前。何だろう、この爽やかさと優越感。

それにしても、昨夜は結構な量を飲んだ気がするんですが、二日酔いは全くと言って良いほど残っていませんでした。やっぱり楽しく話した席のお酒は残らない気がします。

そして朝食バイキング!ホテルの朝食がバイキングだとテンション上がるよね。

しかし、こうやって見ると卵率高いな……。そして朝食で皿うどんと佐世保バーガーをクリア。

ジャパネットたかたの本社。商品の性能を語るのではなくて、商品がもたらす未来を語る高田社長の姿は本当に印象的でした。

博多駅

博多駅はライトアップで光に包まれていました。流石に博多駅、お金かかってます。

しかし、青色発光ダイオードが普及してからイルミネーションの色相が一変しました。良い部分・悪いブ部分どちらもありますが、綺麗な事に変わりはないです。

この日、駅前でイベントが開催されていました。ステージから響き渡る歌を聴きながら、お酒を飲めるイベント(雑すぎる)。

祭りってことでとりあえず一杯。ただ、外で飲むにはちょっと冷え込んでるかなぁ。

ってことで、駅ナカの居酒屋で飲みなおし。データイーストのダークロードは名作。ちぃ、覚えた!

しかし、感受性豊かな時期に強烈な個性を持ったゲーム(作品)に触れてしまって、それが原体験になって嗜好になってしまうと、その後の人生ずっと原体験を超えるゲームを求めてしまうという、罪深い拗らせ方をしてしまうんですよね。私も経験しているので気持ちはとても分かります。

せっかく博多に来たので、とんこつラーメン!細麺なのにコシがあって美味しかった。

いやー、本当に最高の旅行でした。また行きたい。

おまけ

地元の駅まで帰ってきたんですが、寒かったので駅前の馴染みのお店に暖をとりに。土産を配りながら楽しく話してましたとさ。

自分のお土産に薄い本なぞを。2017年の冬コミでユナの本が出ていたと言う奇跡。カトゆーさんがイラストで参加されていたのが一番の驚きでした。銀嬢伝っていう略は未だに通じるんだろうか……。



(2018.10.22)(game)世界樹の迷宮クロスの表クリア

『世界中の迷宮クロス』


やっと表をクリアしました。

長かった……。普通にプレイしていたはずなのに、プレイ時間90時間、Lv90でやっと表クリアです。今までのシリーズの要素が全てクロスする、という触れ込みでしたが、ボリュームがとにかくありすぎ。

とりあえず、現在のPT構成。ゾディアック以外は後半で一度サブクラスを振り直しています。

これから、表クリア後の要素をぼちぼちとこなしていこうと思います。



(2018.10.04)(movie)若おかみは小学生!

『若おかみは小学生!』



小学生を不憫な環境に追い込んで、そこからの頑張りを眺める。って意味で感動の押しつけみたいなものを感じました。 ただ、物語の構成は本当によくて、90分アニメのお手本のように思いました。

でも、この話って、もともとが青い鳥文庫でかなりの売り上げがあって、TVアニメにもなってるみたいなんですよね(両方未見)。単純に見方がひねくれているだけなのか、物語のエッセンスを90分に凝縮するとそういう風に取れてしまうのか。

以下、ネタバレを含みますのでご注意下さい。
































温泉旅館で女の子がおかみとして奮闘するお話としては、花咲くいろはが浮かびますが(原作小説的には若おかみ~が先)、いろはは主人公が高校生で一応就労可能な年齢なんですよね。

何で感動の押しつけと感じたかというと、冒頭で両親が亡くなり、親戚の温泉旅館にお世話になるところまでは良いんですが、そこから周りの圧力で「若おかみ」として旅館を継ぐって決定をさせられたように見える事。そりゃ、旅館にお世話になっていたら手伝いをしない訳にはいかないでしょうけど、身寄りが無くなった小学生に無理矢理自分の意思として言わせたような雰囲気に見えたんですよ。情にほだされたという言い訳を使って。

で、温泉旅館の労働環境ってあまり良いとは言えないんですよね。住み込みなら尚更。プライベートの時間がとにかくなくて休みが取りにくい。ただ、それを嫌と思うかどうかは人次第なので、そういうのが好きで合っているなら良いんですが、小学生が言われるままになったようにし見えてしまって。

そして、そこからお客さんが悉く、事故のトラウマをえぐってくるじゃないですか。子供が親に甘える姿を散々見せられたり、事故の記憶が蘇ったり、(結果的に)両親の死因になった家族が泊まりにきたり。そんな中で、心を折らずに前向きに立ち向かって、事故で両親を亡くした子供じゃなくて、「旅館の若おかみ」としての立ち振る舞いを求められ、自分もそれで在ると宣言する。

これ、原作の小説的には読者の小中学生が境遇をヒロインに重ねて、苦難に立ち向かう格好良い同級生、として見るのかもしれませんけど、ヒロインぐらいの娘が居てもなんらおかしくない年になった今としては、ヒロインが不憫に思えて仕方ないんです。こんな年端の行かない子供にそんな酷い事ばかり降りかけなくても、みたいな。そして、色んな感情が入り混じった涙がとめどなく溢れてきて、劇場でかなり泣いてしまいました。

そして、最後は友達だった幽霊達とも別れてしまって、それを大人への成長とか、精神的に一人立ちした、とかとる事も出来るんですが、両親との死別で1度目の別れ、両親の死を受け入れた事で両親の幻を見なくなった2度目の別れ、そして幽霊達との3度目の別れ。という風に物語中で3度も別れを経験したような気がしました。

最後の幽霊達との4人での神楽はとても良いシーンで、そこに居た真月以外が「今が最高!」「(幽霊陣が)生まれ変わって来世で会いたい」みたいな感じでしたが、そのシーンが終わった後に待っているのは残された者っていう視点で見てしまって素直に感動出来ない自分がいました。

結果的に大変な境遇になってしまって、その中で奮闘している姿という意味では「おおかみこどもの雨と雪」のヒロインである花もそんな感じでしたが、あちらも大学生ですしねぇ。どうしても、その流れを小学生でやってしまうと、ひどい事をされているように見えてしまう。

とりとめの無い感想になってしまいましたが、見方で感想がかなり違う映画だと思います。たぶん、原作やTVアニメでちゃんと下地を知ってる人は高評価だと思う。

後は、思いついた事を箇条書きで。

  • 水樹奈々って努力してるライバル役が映えますね。WhiteAlbumの理奈のような。サブヒロインや周りにベテラン声優さんが居ると安定感がありますね。
  • 小桜エツ子さんの演技を久々に聞いた。相変わらず圧倒的な存在感と素敵な演技でした。もう結構なお年かと思ったら47歳なんですね。思ったより若かった。計算したら天地無用の魎皇鬼が21歳とかの時なのかー。
  • いきなり転がり込んできた織子が若おかみになった形だけど、順当に行けば将来は仲居のエツ子さんが女将を執ることになると思われるので、エツ子さん的には良かったんだろうか?とか思ってしまう。
  • やっぱり温泉旅行って贅沢なものだよね、と改めて認識。それも大きいホテルじゃなくて、全部部屋食の小さな旅館とかを使う温泉旅行は尚更。お客が、鈴鬼が呼び寄せた個性的な人達ってのもあるけど、基本的にお金に困ってないような人ばかりだったものね。
  • しかし、フィクションに野暮なツッコミとは思いつつも、5部屋の旅館を、70になる女将と、仲居さん、板前さんで回せるものなのかな?露天風呂もあるのに。そこに学校に行ってる小学生が一人入っても焼け石に水だと思う。真月が言ってたお客に気を使わせる旅館、っていうのは本当だと思う。
  • 神楽で始まり神楽で終わる構成は本当に見事。90分でどんだけ成長してるんだ、っていう。
  • 原作小説で流れの中で色んな出来事があったり、TVアニメである程度の長さで見ると印象が違うのかもしれない。映画だと90分でひたすら災難が降りかかってきた感じが、ね。



(2018.08.24)(book)ワカコ酒(11巻)

『ワカコ酒』(11巻)/新久千映


この漫画は、出始めた頃に友達から勧められて最初の方(4巻ぐらい迄?)は読んでいたんですが、いつの間にか御無沙汰になっていたところ、先日、友人の日記で最新刊の11巻が出た事を知って、久しぶりにと11巻を読んでみました。

そうすると、主人公のワカコがかなり大人っぽくなっていて驚きました。純粋にイラストの等身が上がったのもあると思うんですが、振る舞いや纏っている雰囲気も含めて、明らかに連載当初より年を重ねた女性として描かれていたように思います。

最初は、働き出して少し余裕が出来てたOLが仕事の疲れを街の居酒屋で癒す。新しい酒や肴との出会いに飛び込んでいく!これが明日への活力!みたいな感じだったんですが、11巻では何と言うかひどく落ち着いていて、あまりガッつかずに「ほほぅ、こういうのもあるのね」みたいな感じに。ある種のルーティンのように、生活の中に美味しいお酒と過ごす時間、みたいなものが組み込まれているようにすら思いました。

そして何より、独身貴族と言うか、俗に言う「おひとり様」を満喫してるなぁ、と。もともと色恋沙汰を取り上げた作品で無いので、必要無い部分は敢えて触れないと言われればそれまでなんですが、それを差し置いても、婚期がとか、出会いが、みたいな焦燥感のようなものは微塵も無くて、当たり前にように一人で居ることの選択をしているんです。

この作品の舞台はおそらく広島(もっと言うと、広島市の繁華街である八丁堀辺り)だと思うんですが、広島の都市部ぐらいの規模が、一人で暮らしていくという選択肢が普通に存在する境界なのかなぁ、と。以前暮らしていた名古屋では、結婚をするのも一人で居るのも、その人の選択の一つという考えが出来上がっていて、その事について特にとやかく言う人や風潮もありませんでしたし、それぞれの生き方についての環境が整っていました。そして、それぞれの考え方、生き方を支えるだけの人口がいました。

自分が今住んでいる岡山県の田舎では、どうやっても結婚するという道筋が本流で、一人で居るのはその流れに乗れなかった人であり、何らかの理由がある、という考えに基づいたプレッシャーが内外から発生しているように思います。それはそれで仕方の無い事なんですが、広島市(人口120万人)辺りが、人口、家族構成、仕事状況、諸々に基づいたライフスタイルの分水嶺になるのではないか。

と、そんな事をワカコ酒の11巻を読みながら何となく思いました。

ちなみに、等身以外にも、初期に比べて凝った角度からの構図(アングル?)が多く、絵柄も人物はシンプルにする反面、酒や料理は描き込んでその対比で画面を引き立たせているような印象を受けました。

ここ暫く乱立している酒・食べ物系作品の牽引役になった作品の一つとは言え、OLが仕事帰りに居酒屋で酒飲んでプシューって言ってる展開で、よくここまで連載が続いているなぁ、と思いました。起源にして頂点という風格さえ感じます。




|<< December 2018 >>|
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31