Marumaru's TinyPlaza

(2019.06.06)(movie)ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』


100点満点のエンタメ怪獣映画でした。

最初は、日本の特撮をハリウッドで作っても変な事になっちゃうんじゃないの?って思っていたんですが、よくよく考えればハリウッドって映画で映像をどれだけ迫力を出して魅力的に見せるかを長い時間とお金をかけて研究してる集団ですもんね。方向性を間違えなければ面白いものになるのは間違いない事かもしれません。

あと、今回初めてIMAX+3Dの環境で観て来ました。3Dメガネは自分が斜視+乱視があるのと、割と度の強い眼鏡をしている関係で、二重メガネ状態で上手く見えるのかが心配でしたが、割と問題なく見えました。飛び出すと言うよりも、立体感があるぐらいの感じで長時間の視聴で付加の少ないレベルにしているのかもしれません。どちらかと言うと、字幕部分がかなり手前に配置してあり読みやすかったのが良かったです。

音響も重低音が響いているのはもちろんの事、自分の頭の上から聞こえてくるような音響の場面もあって、今更ながら最近の技術ってすごいな、と思うことしきり。この映画みたいな明らかにアクションシーンを重視しているような映画は余裕と都合が合えばこういう特別な環境で見るのは良いですね。しかし、IMAX上映だと画面の上下が広くなるのはなんだか不思議。全部そのサイズで上映してくれたら良いのに。


以下、ネタバレ






































とりあえず浮かんだことを箇条書き気味に。

実を言うと、特撮に全然明るくなくて、ゴジラもちゃんと観たのはシン・ゴジラが初めてだったりします。怪獣の名前や簡単な設定ぐらいは知っていたんですが。

なので細かい部分は分からないんですが、逆に細かい事を知らなくてもとても楽しめました。人間ドラマを入れていた関係で、暴れる怪獣の周りを逃げまどう人々、そして怪獣の行動の余波でふっとばされる、みたいなシーンを大迫力で描かれていて興奮しました。

そして、ストーリーの絡みで怪獣の周りを飛んでいるシーンが多かったですが、その飛行機に乗っている人の目線でカメラが動いていたのが臨場感ありました。

女の子が一人で立ち向かうシーンって本当に映えますね。

何よりも、ゴジラを始めとする怪獣の立ち振る舞いや声が神々しかった。ゴジラの青白い光、そして核ミサイルで「気合」を入れた後の赤い炎。そしてキングギドラの黄色い雷。この辺り、見た目に分かりやすくワクワクしました。ゴジラの臨海を迎えた爆発、モンハンのテオを連想してしまいました。

あと、モスラがとにかく神々しかった。そしてまさかのゴジラとの共闘。何故だかモスラがゴジラと共闘してる辺りからの後半の一連の戦いの間中、涙が出てたんですよ。怪獣たちの格好良さと神々しさ、そしてモスラの慈しみみたいなものを感じて。

外国の人が好きそうな日本観という感じはしましたが、ゴジラを神に見立て、東洋の価値観で語るという、ゴジラをとても尊敬していて愛がある作りに感じました。

それと音楽なんですが、ゴジラのテーマとモスラのテーマが流れたのは分かりました。他にも詳しい人には色々と分かったのかもしれませんが。こういう部分はファンならずとも嬉しいです。

細かい部分なんですが、エンドロールのゴジラとかの欄が「HIMSELF」となっていて、多分これってあちらの定番なのかもしれませんけど、なんか嬉しかった。

後、一点だけちょっと微妙だった部分を。ストーリーの展開上仕方なかったとは言え、オルカを便利に使いすぎな気がしました。気になった部分は本当にそれだけ。本当に最高の映画でした。

追記。他の人の感想を見てると、今までのゴジラの歴史を感じる一方、結構賛否両論なのね、これ。でも、「怪獣オールスターズで超格好良いバトルをしたいんだ!」って想いは伝わってきた。エンタメ怪獣映画にとって、それってとても大切な事だと思う。

追記2。書き忘れてたんだけど、海底遺跡にカタカナで「ゴジラ」って書いてあったのは笑うところだよね?




<(2019.05.31)(game)「高難度:ダブルクロス」クリア