Marumaru's TinyPlaza

(2018.01.04)(book)たそがれたかこ

『たそがれたかこ』/入江 喜和


明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。


年明けに友達と話している時にお勧めしてもらった漫画です。

年老いた母親と同居している45歳バツイチ女性が主人公のお話。人付き合いが少し苦手で、毎日の生活の中で未来が見えない主人公が、近所にある小洒落た居酒屋(とそのマスター)、そして偶然ラジオで聞いたバンドとの巡り合わせに日常が少しずつ変わっていく話です。

45歳ねぇ……遥か遠くに見えていたような年齢ですが、気づけばもう目の前に迫っていて、手を伸ばせば届きそうな、流れる時に背中を押されるままにその場所に辿りついてしまいそうな年齢です。親も年だし。

世紀の大恋愛でもなく、血沸き肉踊るファンタジーでもなく、かと言って世界中を股にかけたサクセスストーリーでもない。本当に身近な話。若いから青春なのではなくて、好きなものがあって、それに向かっていける情熱がある事が青春なんだと教えてくれました。

好きなものが出来て、それを声高らかに叫ぶ事で新しい出会いが生まれるかもしれない。そして好きな事がある事で内面が元気になれば、外見も変わって考え方が変わる。それは生き方をほんの少し違う方向に変えてくれるかもしれない。有名な格言みたいな事を身近な世界の中で表現してくれるお話でした。

ラジオで知った「ナスティインコ」というバンドにハマッて前向きな気持ちになるタカコ。そしてその気持ちがキッカケで出来た現実世界での巡り合わせ。その二つが交じり合って少しずつ変わっていくタカコとその周りの世界が非常にリアルでした。

かと言って、順風満帆ではなくて、色んな困難が舞い降りて苦労が耐えない毎日の中で、それでも自分で好きなものは好きだって胸を張って言って、好きなものへ続く道を選び続ける力を持ち続ける事が青春なんだと思いました。

自分の人生、年を重ねるに連れて過去を振り返る事が多くなるかもしれませんが、目の前に2つの選択肢があったら楽しそうな方・派手な方を選んで、「それでいいのだ!」と自分の選択に自信を持って行きたいものです。作中の展開の意訳ですが、自分には無理かもしれないような派手なものが選択肢に挙がった時点で、自分はそれに興味を持っているんだから、だったらそっちを選べば良いじゃないか、と。

それと、主人子のタカコが引っ込み思案で人見知りな割に、たまに爆発して突拍子も無い事をするのが面白かった。勢いで買ったエレキギターでバンドをする夢は叶うんだろうか……。いきなりバンド漫画が始まったらどうしようかと読んでて思いました。

余談ですが、劇団員のマキちゃんがとても魅力的でした。小悪魔すぎる。



(2018.01.05)ジム(サンダーボルトVer)を作った

元旦にイオンの初売りに行ってガンプラを買ってきたので、正月休みに作っていました。

作ったのは、HG 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム サンダーボルト)です。最初はギラドーガかジェガン、もしくはνガンダムかクシャトリヤ辺りを頑張るかなーとか思いながら眺めていたんですが、このジムに一目惚れしてしまいました。サンダーボルトは未見なんですけどね。

シールドからライフルを構える構図が好きなんですが、それが両腕で出来る……つまり格好良さも2倍!?とテンションが上がっちゃいました。だって可能性感じたんだ!

写真だとコントラストを上げたせいでえらく真っ白になってますが、本当はもうちょっと灰色が入っています。しかし、ジムなのにカラーリングのおかげで主役を張れそうな感じです。

まごう事無き素組みなんですが、もともとのプラスティックの色が6色あるので素組みでも見栄え良かったです。全体的に落ち着いたトーンでまとまった配色が好みです。本当に最近のガンプラってすごいわ。

正面から。シールドを支えてるパーツの稼動域が思ったより狭いので、凝ったポーズは取らせられないのが残念ですが、その分手足の稼動域が広いように思えました。しかしこのジム、遠距離特化機体みたいでビールサーベルが付いてないんですよ。ツイン盾で守りながら遠距離砲撃で戦線を切り開く……何この格好良いジム。

それなりに時間はかかっちゃいましたが、2個目という事もあり、少しはガンプラに慣れたかもしれません。ヤスリでシュッと一撫ですると驚くぐらいに平らになりますね。イオンでもう一体ガンプラを買ったので、そちらも追々組んで行けたらと思っています。




<(2017.12.24)寧々さんと過ごすクリスマスイブ2017