Marumaru's TinyPlaza

(2019.05.03)(movie)名探偵コナン 紺青の拳

『名探偵コナン 紺青の拳』


内容のネタバレがありますのでご注意下さい。




























前作のゼロの執行人がかなり面白かっただけに少し残念。

シーンごとはとても迫力があったんですけど、なんかごちゃごちゃしてまとまりが無いと言うか、アクションシーンも長い割になんか繋がりが変だったり。お金かけて作ってるのは分かるんだけど、シーンごとに作ってくっつけたら全体的にボケちゃったと言うか。ぶっちゃけ、話としてはちょっと微妙だった気がします。

シンガポールのマリーナベイサンズが出てきた時点で、あ、これを爆破するんだな……と思ってしまう辺りが何と言うか。もう国内の主要建造物は爆破し尽くしてしまいましたもんね。今回はEDの実写映像からも分かるように、かなりシンガポールに寄った内容で、だからこそ色々と制作上での規制とかがあったのかな?と邪推してしまいました。

特にタンカーが突っ込んでくるところのオーケストラのような演出、多分あれが見所の一つなんでしょうけど、なんか尻切れトンボ。

ですが、髪を下ろした園子がとても可愛かった!京極さんの「背負い結びですから」とかも、これがやりたかっただけちゃうんか!と。そこからの別作品になったかのような怒涛のオーラバトル。確かに実際格好良かった。

隣で見ていた女性のお客さんが、京極さんが活躍するシーンで両手で顔を覆って「かっこいい……」とオーバーリアクションで悦に入っておられたので、多分ファンサービスとしては大成功だったんだと思います。

それと、蘭の格闘シーンが本当に格好良かった。ピンクのスカートを翻して回し蹴りをするっていうギャップが好き。地味に小五郎のアクション的な見せ場もあって新鮮でした。普段は眠ってばかりですもんね……。

逆に言うと、2時間観て感想がそれぐらいしか出てこないと言うか。色んな要素が詰まっているのはゼロの執行人も同じなんですが、前者はそれを上手く使っていて、今回はそれが何だか空回りしていたような。そういえば少年探偵団の活躍も全然無かったですね。

結局、話の着地点がよく分からないままに走り出してしまった印象を感じました。繰り返しになりますが、「髪を下ろした園子のシーンが最高に可愛かった」と言う強い印象が残ったので作品としては成功なのかもしれませんが。

後、これを書くと完全に難癖レベルなんですが、「紺青の拳(こんじょうのフィスト)」っていうサブタイトルの時点でなんかオーラを感じないんですよね。で、紺青の拳って作中に出てくる宝石の名前そのままだし。

P.S.前作のヒットで取材費がすごく出てスタッフでシンガポールに取材旅行行っちゃった!シンガポールが舞台だからあまり派手な破壊は出来ない、でもアクションシーンは作らなきゃ。あれ?でも、キッドとコナン、蘭と園子、小五郎しかシンガポールに行ってないからキャラが足りないぞ……。っていう想像、もとい邪推が浮かんでしまいました。 s



(2019.05.04)(tips)NVIDIA ControlPanelApplication停止の対処法

  • 環境
    • Windows7 pro 64bit
    • NVIDIA Quadro K2000M with Optimus Technology
  • 症状
  • GPUの設定画面呼び出し時に「NVIDIA Control Panel Application, xxxxxxは動作を停止ししました」のダイアログが表示され、設定画面が表示されない。
  • 試した事
    • NVIDIA関係のソフト及びグラフィックドライバを削除し最新版を入れる。→状況は改善せず
  • 対処法
    • サービスより「NVDisplay.ContainerLocalSystem」をリスタートする。



(2019.05.23)(book)〈古典部〉シリーズ

『〈古典部〉シリーズ』6巻まで/米澤穂信


いわゆる「氷菓」です。同名アニメを以前に観てから気になっていた作品です。が、氷菓のアニメは最終回4話前ぐらいで見始めて、当時はその独特なテンポがよく分からなかったものの、絵が綺麗でそのまま見続けていました。最終回の話(遠回りする雛)が絵の綺麗さ、話のテーマとしても印象に残っています。

で、今になって原作をちょこちょこ読み出した訳なんですが、アニメから入っている分、キャラクタと声が頭に浮かぶのは良いです。アニメって原作キャラクタのイメージを崩さすに上手く映像化してたんだな、と。

アニメで半分ネタになってしまった千反田えるの「私、気になります!」の台詞ですが、原作でも同じように言っていてすこし驚きました。特に序盤の方は本当にそのままの感じで言っていて。ただ、ネタ的に言うのではなくて、原作では純粋にえるの好奇心の強さを表す台詞として違和感無く使われていました。

そして、アニメを見ていた当時は分からなかったんですが、この作品って所謂、安楽椅子探偵モノだったんですね。折木奉太郎が探偵役の。省エネ主義の奉太郎が気づいたらやっかいごとに巻き込まれてしまって、周りから話を聞いていくうちにヤレヤレ的に真相を見抜いてしまう。事件の真相そのものよりも、その真相に至る登場人物の心の機微が良いです。高校を舞台とした学園モノということで甘酸っぱい青春を堪能させてもらいました。

これは物語のテーマにもなっていますが、人が死なない推理モノって割と珍しいです。その分、どうしても会話が増えて、事件は解決したけれど表面上の見た目は何も変わっていない、という会話劇がこの作品の魅力なんだと思います。最初にアニメで見たときはその特徴に対して違和感を覚えていたのかもしれません。

余談ですが、この小説に高校時代辺りに触れていたら変な方向に性格を拗らせていた可能性が大きいので、大人になって出会ってから良かった作品だと思いました。

アニメでは最終回と言う事もあり、遠回りする雛(原作4巻最終話)でえると奉太郎の関係の示唆が演出効果も使ってとても印象的に描かれていましたが、原作では普通に続いていきました。眠りについた奉太郎の心を、えるが目覚めさせる日は来るのか。もう既に気づいている奉太郎ではあるけれど、その気持ちを自分からえるに打ち明ける日は来るのか。私、気になります!




<(2019.04.18)(book)椅子さえあればどこでも酒場