Marumaru's TinyPlaza

(2019.08.23)(book)女衒屋グエン

『女衒屋グエン』/日向夏


中国の妓館『太白楼』が舞台の物語。

鈴木健也さんのイラストに惹かれて読んだんですが、作者は『薬屋のひとりごと』の方でした(未読)。

章のタイトルが妓女の名前になっていたので、章ごとに違う妓女にスポットを当てた話なのかと思いきや、綺麗な伏線の張り方で最後まで一気に読ます見事な構成でした。

妓館、ひいては花街という女性が主役の閉じた世界というのは、物語の舞台として使いやすいですよね。どのキャラクターも非常に魅力的でしたが、個人的には思思(スースー)の最後が小気味よかった。

長らく助走をつけての最後の盛り上がりと、少し謎を残した終わり方で気持ちのいい読後感でした。長編で続けられそうな設定なのに一巻で綺麗に終わらせているのが好き。

もしアニメ化するんだったら一琳がヒロインになるんだろうなぁ。ただ、設定的にアニメ化は厳しいのかな。途中のエピソードを削ったら1クールでちょうどアニメ化出来そうな感じがする。あ、一琳のCVは悠木碧さんでお願いします。思思は能登麻美子さんで。



(2019.08.24)(book)さくら書店の藍子さん

『さくら書店の藍子さん 小さな書店のささやかな革命』/浅名ゆうな


写真が趣味のちょっとネクラな高校生主人公が、個人書店を経営している本の事に詳しい年上お姉さん(オタク)に惹かれる話。

設定が色々と某ビブリアをかぶってるんだけど、作中でメタ的にそれを仄めかすのはどうなんだ、と。

あと、作中で「滂沱の涙を~」って表現があったんだけど、滂沱って形容動詞じゃなかったっけ?なんか違和感があった。

高校の女友達(主人公が好き)が出てきたり、本屋の経営を立て直す為に色んな取り組みをするところが面白そう。が、経営改善については1巻だとまだまだこれからというところなので、結果が出るのは次巻以降になりそう。

おっとりとした眼鏡のお姉さん、本屋の改革、同級生との三角関係、この辺りの要素を上手くミックスさせると面白くなりそう。



(2019.08.25)(book)M 愛すべき人がいて

『M 愛すべき人がいて』/小松 成美


浜崎あゆみは私達の世代の共通言語で、好き嫌いは別にしても、誰も表立って話題には挙げなくても、通じるんですよね。時代を作る歌手ってそういうものかもしれない。

私も当時は、特に好きと言う訳でもなく、むしろ世間で流行ってるからって理由で毛嫌いしてる節もありましたが、それでも当時はまだ音楽番組がTVで普通に流れていて、私も林原めぐみさんがランクインするのを楽しみにCDTVをチェックしていたりすると、必ずと言っていい程に上位に入っていて、聞く気は無くても有名どころの曲は頭に残ってる、そんな歌手。

それから少しして、多少ぼかしますがごく一部で有名になった『awareness』の動画に浜崎あゆみの『monochrome』が使われており、オタク特有の手のひら返しでその曲を好きになっていたりしたぐらいの頃、『M』が出たのを覚えています。教会の中で輝かしい光を浴び、ドレスを纏い、舞い散る羽と共に歌っているMVはとても衝撃的で、CD初回にMVが付くと知ってすぐに買いに走った記憶があります。

前振りが長くなりましたが、そんな浜崎あゆみの「事実をもとにしたフィクション」作品です。と言うか、別にどこまでが事実だろうか虚構だろうかはどうでも良いです。もともと僕らが見ていたのは歌手でありアイドル、偶像としての浜崎あゆみなので、偶像として求める姿を提供してくれる方が大事。

で、内容なんですが、女の子が敏腕プロデューサに見初められ、稀代の歌手としての階段を上っていく段階でお互いに恋に落ち、そして訪れる別れ……。うん、アイドルとプロデューサの話ってエンタメの定番ですよね。ちょっと内容が薄い感じもしましたが。

ただ、浜崎あゆみの歌詞は全て本人作詞で、その経緯と、それらは全て浜崎あゆみからプロデューサへの公開ラブレターだったって件は面白かったです。歌の歌詞が一曲丸ごと挿入される場面が何度もあったんですが、確かにその歌詞の内容が物語の展開に沿っており、話を盛り上げていました。

そして、作品のタイトルにもなっている『M』の歌詞が作品の〆として物語と上手くリンクさせて使われてるのが、曲が好きな人として嬉しかったです。

浜崎あゆみがどうこうと言うよりも、この構成を考えて作品にした人がすごいな、と。そしてハードカバーとは思えない時間で読み終わりました。



(2019.08.29)(tour)島根に行ってきた

ちょっと思い立って一泊二日で島根方面に出掛けてきました。

今回は知人の残響さんのご家族が営まれている一縁荘にお世話になりました。


道中

という訳で島根方面に向かったのですが、この日は九州から関西にかけての大雨で、佐賀の方では「今までに経験した事のない豪雨」とかニュースで言ってて大変な事になってました。岡山県でも前日から大雨が降り続いていて、本当に島根行きを延期しようかと思ったレベル。

なんですが、雨雲レーダの推移を見る限り、島根方面はそこまで大雨にはならなそうなので行く事に。

雨、島根に着くまでが一番雨が酷かったです。最初の目的地の稲田神社に行く為にちょっと山道をショートカットしたのもあるんですが、道路に水が流れてて、スピードを出すとタイヤが舞い上げる水しぶきでハンドルが取られる始末。ワイパー全開にしてもフロントガラスがよく見えないし。事故になったら多分誰も来てくれないんじゃ……って思いながら走ってました。

稲田神社

そんな万難辛苦を乗り越え辿り着いた最初の目的地、稲田神社。途中で道が通行止めになって地元の人に聞きながら迂回路を探してたんですが、島根に向かっていたのに鳥取を経由してた時は自分でも笑いました。とりあえず着いて良かった。

この神社は櫛名田比売命ことクシナダヒメを祀っています。日本神話でヤマタノオロチに生贄として捧げられるはずだったクシナダヒメをスサノヲが討伐したあれです。

この神社ではクシナダヒメを稲田姫と書くそうで、名前の通り豊穣のシンボルとなっているそうです。

敷地内に「姫のそば」という食事処があったので、ここでお昼をいただきました。

色々と頑張ってる感のある古民家です。

出雲蕎麦の御膳を頼みました。蕎麦が非常に美味しかった。稲田姫にちなんでか、漫画のような大きな三角おにぎりがついてきました。おかずの種類が多いので大きなおにぎりは嬉しい限り。

稲田神社正面。

せっかくなので御神籤でも。吉なので特筆する事もなく結んで終わり。

神社を出る時に、敷地内から鳥居を見たんですが、この鳥居と灯篭が何の違和感も無く景色に溶け込んでいる姿こそが、出雲が神話の里と言われる由縁なんだろうと思いました。日本神話と聞いて想像する風景そのものが目に前にある高揚感たるや。

稲田神社の近くに、クシナダヒメが産湯に使ったとされる産湯の池があるらしいので一緒に見てきました。徒歩だと結構大変な距離かも。

アニメの舞台訪問はちょこちょことするんですが、古事記に記されてる日本神話の舞台を巡って神話ゆかりの場所が実際にあるのを見るととても不思議な気持ちになります。とても大きな意味での聖地巡礼ですね。神代の神話の舞台が実際にあって、その神話が現代に系譜として繋がっているって本当に壮大な話です。

天が淵

稲田神社も参拝したので残響さんのところへ向かおうと車を走らせていたところ、道すがらに「天が淵」があったのでちょっと寄り道。天が淵はヤマタノオロチが住んでいたとされる河川です。場所だけは調べていたので帰りに時間があったら寄ろうと思っていたんですが、まさか通り道にあるなんてラッキー。

幅の狭い川で大きく蛇行しています。

確かに雰囲気のある川なんですが、今のように河川が整備されていない大昔、周りは今よりもっと木が生い茂っていたことでしょう。そんな折に大雨等で川が氾濫したとしたら。当時の技術では成す術も無かったのかもしれません。その時の濁流の力に畏怖する気持ちが、ヤマタノオロチという姿を生み出したのかもしれない。とそんな事を考えていました。

一縁荘

そしてやってきました。一縁荘!

入り口に咲く百日紅の花が雨の中でいい雰囲気。

内観。何という古民家!まるで映画のセットのよう。

ですが、民宿ということでレトロ感を出しながら実用性にことかかない調度品。水周りも今風になっていて使いやすかったです。

振り子時計、久々に見ました。余談ですが、振り子時計の実物を知らないと「大きな古時計」の歌が理解できないですよね。

ジビエの宴

そして夕食。一縁荘……というか残響さんのご家族はジビエを扱っておられ、解体から加工、販売まで幅広く手掛けられています。

最初はジビエ肉の盛り合わせ。

何だろう……自分が想像するジビエ(獣肉)のイメージと根本から違う。

ジビエ肉って煮生臭くて硬いイメージがあって、それが野生の味わいと言うか魅力なんだろうと思っていたフシがあるんですが、どのお肉も全然生臭くないし、すごく柔らかいんです。

残響さんに言わせると、ジビエ肉が生臭かったり固かったりするのは、加工と調理方が悪いかららしいです。

続いてジビエ肉のロースト。

まずね、こんな大きなジビエ肉を食べたの初めて。牛とも豚とも鶏とも違う独特の味で、このまま食べても非常に美味しいんですが、果物と一緒に食べると本当に美味しい。残響さんのところで加工されたジビエ肉って、お肉自体もとても美味しいんですが、他のものと一緒に食べた時に一気に美味しさが膨らむ感じで。例えるなら白米のような味わい。それ自体も最高に美味しいけど、他の食材の良さを引き立ててくれる感じ。

鹿肉の青椒牛肉絲(チンジャオニウロウス)。牛肉の青椒牛肉絲は味を濃い目にして白米と一緒に食べると美味しいですが、あっさり目の味付けのこれは、肉に油が馴染んでいて、タケノコ、ピーマンとも抜群の相性で、これ単体で完成されていました。非常に上品な味だったのを覚えています。

ジビエ肉の甘酢あんかけ。新メニューらしいです。とりあえずね、肉が大きいの!大きな肉美味しい(語彙)

でもジビエ肉って野生の動物のお肉だから、筋肉が発達してて油が殆ど無いらしいんですよ。殆どって言うか、コレステロール0らしい。だから、しっかり食べても全然お腹にもたれないんです。

鹿の首のお肉のシチュー。首の肉って筋肉が発達してて繊維質な感じで今までは廃棄してたのを、メニューとして開発されたらしいんですよ。

今まで生きてきた中で始めての食感と味で、とても不思議な感じでした。

ほら、この年になると大抵のものって食べる前から味が想像出来るじゃないですか。でも、これは本当に初めての体験でした。見た目と食感が違うっていう認識がバグを起こしたような感覚。いや、美味しいんですよ、すごく。ただ、お肉がこんな風に箸でほぐれるのってすごく不思議。

そしてメインディッシュの猪肉のしゃぶしゃぶ!

猪肉と言えばぼたん鍋っていうイメージに真っ向から対抗した、ぼたん鍋の真逆のメニューらしいです。

しゃぶしゃぶは加工が良い肉じゃないと出来ないんだとか。確かにとても柔らかくてまろやかなお味。まさか猪肉をしゃぶってポン酢で食べる日がこようとは。

このしゃぶしゃぶ、かつらむきにした大根と一緒にしゃぶしゃぶして食べるんですが、お肉と大根の相性の良さと言ったらもう。ちなみにこのお肉の白い部分は脂肪じゃないです。だから繰り返しになりますが、脂っこくなくてお腹にもたれない。

そしてデザート。甘いだけじゃなくて、コーヒーの苦味もあって美味しかった!

最近特に食後の胃もたれが酷くなって、焼肉とかしてお腹一杯食べた日にゃ、次の日までずっとお腹がもたれていたんですが、このジビエ料理は本当にお腹にもたれない。今回、本当に一杯のジビエ肉を頂いたんですよ。なのに全然持たれてなくてすっきりしてるんです。白米とデザートのケーキしかお腹に入っていないような不思議。素材を活かした味付けだからっていうのもあるんでしょうが、本当に良いものを食べさせて頂きました。

この料理は、出雲の一縁荘さんで食べる事が出来ます。ジビエ肉の料理体験やその他色んな田舎体験もされているみたいです。


ゆったりとした夜を

食後、五右衛門風呂でお風呂を頂いて、残響さんとあれやこれや話した後、部屋でゆっくりとしていました。

雨の音をBGMに聞きながら、日本家屋でビールを飲みながらギターを弾きながらゆっくりと過ごす夜。何を急ぐでもなく、ゆったりとした時間を楽しみながら眠くなったら時計も確認せずに寝る……何ていう贅沢なんでしょ。

ゆったりと物思いに耽る時間は至上の贅沢です。

ただ、テレビもラジオもゲームもしていませんが、Twitterでゆるくは繋がっていました。この自分のタイミングで緩く繋がって共有する時間の流れがとても好き。

あ、夕飯で残った白米と夜食用にとおにぎりにして頂いたんですが、笹の香りと一緒に食べるおにぎりはとっても美味しかったです。

寝室。なんだろう……こう、金田一に登場しそうな雰囲気(笑

和室が二間続きになってる間取りいいです。日本建築!って感じで。

明けて朝。雨を借景にした庭、雨音のBGMも相まって素敵です。

そして朝食。子供の頃は幕の内的な良さが分からなかったんですが、品々に並んだおかずをごはん、お味噌汁と一緒に一口ずついただけるって本当に贅沢です。調理や用意の手間がねぇ……。旅行の朝ごはんの例に漏れず、ごはんはおかわりしてしまいました。これだけおかずがあったらご飯一杯じゃ足りない!

残響さんのところは元々豆腐屋さんを営んでいらっしゃって、この豆腐やアゲは自家製(と言うか商品)です。豆腐やアゲの味が分かるぐらいに舌が肥えてしまったのは幸か不幸か。ちゃんと作ってる豆腐やアゲは安物とは本当に世界が違うんですよね。日々の中の小さな、だけど大切な幸福です。

八雲風穴

一縁荘の近くに風穴があるので行ってみたんですが、なんと今日は大雨で臨時閉館。そりゃ大雨警報出て結構な量の雨が降ってましたもんねぇ……。

せっかく来たからってことで、閉ざされた風穴の裏にある階段数段分下った舞台みたいなところに案内してもらったんですが、少し下っただけなのに明らかに涼しい。と言うかむしろ寒い。氷室の中みたい。風穴の冷気が地面の石のところまで来ているかららしいんですが、見た目は他と何も違わないので不思議でした。

昔はこんな場所を押さえられたら、不思議を通り越して、権力を握れたんだろうなぁ、とか。

八雲立つ

一縁荘を後にして、次の目的地に向かっていたんですが、ちょうど雨上がりのせいかもしれませんが、目の前に雲が湧き上がっていました。

出雲という名前は伊達じゃないな!って実感しました。そりゃ八雲立つって詠まれるわ。

こういう風土だからこそ神話が生まれたんだなぁ、って。

粟津稲生神社

観光ガイドを眺めていて、「なにこれ!鳥居がいっぱい!伏見稲荷みたい!(おぃ」って理由で行く事にした粟津稲生神社。

とりあえず雨が凄かったです、以上!写真に写る雨って相当なんですよ、ほんと。

本殿。とりあえず雨が(以下略

黄泉比良坂

そして車を走らせる事しばし。ある意味今回のメインスポット、黄泉比良坂。

詳細は省きますが、黄泉の国のイザナミを迎えにイザナギが向かったんですが、イザナミの意に反し醜く変わり果てたイザナミの姿を見てしまったイザナギ。怒るイザナミ、逃げるイザナギ。その逃げ帰る時に通った場所が、黄泉の国と現世を繋ぐ黄泉比良坂です。

いかにもな石柱にしめ縄が。

このしめ縄の下をくぐった時に雷が鳴り響いて、最初はそういう仕掛けなのかと思ったんですが、音が大きすぎて自然の雷だ!って気付きました。この時、小雨は降っていたんですが雷なんて全然鳴ってなかったのに。

そして写真を撮ってる時にもう一度しめ縄の下をくぐったら、またもや雷鳴が。興味本位でもう一度しめ縄をくぐろうかと思ったんですが、どっちの結果になっても良い事にならならなそうだったので止めときました。ここは「そういう場所なんだ」という事で終えておいた方が良さそうです。

黄泉比良坂、自分の中ではとても思い入れがある場所で、実際にあると知ってからこの場所を訪れるのをとても楽しみにしていたんですが、実際は割とこじんまりとした場所でした。しかし、この坂だけじゃなくて、この坂を取り巻く周りの薄暗い森。周りはとても明るい場所なのに、この坂がある森の辺りだけ薄暗くて、池があったりと中々の雰囲気です。今は坂周辺は公園みたいに整備されていましたが、昔はこの場所を黄泉の国との境があると思わせる力があったんだろうなぁ、と。

しかし、この世とあの世の境が、扉や穴っていう分かりやすく区切られたものではなく、坂という境目が曖昧なものに設定されているあたりが日本神話の面白さを感じます。

ちなみに、こんなエピソードがありますが、

その桃の木です。

松江

黄泉比良坂からの帰り道、松江を通りがかったので、ノリで松江城に寄ってみました。

そして、オタクが大好き、パトリック・ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲の記念館に行ってきました。

初めて知ることが多くて楽しめました。

その近くにある小泉八雲の旧居。武家屋敷に憧れて、武家屋敷に住むってのが格好良すぎる。

そして、本当に素敵な空間でした。

道の駅 たたらば壱番地

松江を後にして、帰り道の途中でお土産を買う為に道の駅に立ち寄りました。

ちょっと遅めのお昼。迷ったんですが、せっかく出雲市にいるので昨日に続いて出雲蕎麦。昨日まで知らなかったんですが、出雲蕎麦って最初の器を食べ終わったら、その器の汁と薬味を次の器に移して食べるんですね。これでめん汁の配分を考えなくてすむ……。


と言う訳で、一泊二日の出雲旅行終わり!行きたかった場所にいけて、美味しいものを食べて飲んで、ゆっくりと過ごせた旅行でした。

景色を眺めながらの運転は楽しいんですが、運転していた時間が結構長かった感じでした。運転中は音楽を聴くぐらいしか出来ないので、交通の便が良い場所だと公共交通機関もいいかもしれません。

最後になりましたが、残響さん二日に渡り本当にお世話になりました!ジビエ料理と古民家の雰囲気最高でした。

そんな一縁荘のサイトはこちら。



(2019.08.30)出雲市街について

昨日の日記で書き忘れた事があったので別エントリーにて。

一泊二日で島根に行ってきた訳ですが、黄泉比良坂がある松江市東出雲町に至る道のりで出雲市街を通ったんです。そこにあったのは目新しい全国チェーンの量販店や飲食店の店舗や看板に囲まれた、よくある典型的な地方都市の姿。そしてその中で原色のゆるキャラやマスコットキャラがここぞとばかりに目立っていました。

正直な話、その光景に全く魅力を感じなかったんです。

と言うのも、直前まで出雲の山奥で神話の舞台巡りをしていて、神社が自然の中に溶け込むように存在する景色、雨上がりの朝に雲が立ち込める幻想的な景色、古民家で雨の音を聞きながらゆったりと過ごす時間。そういったものを目にし、耳にし、体で体験し、出雲と言う場所の素晴らしさを全身で感じていました。

豊かな自然があって、人の営みが自然に溶け込んで調和している美しい景色、しかし、ひとたび自然が牙を剥けば訪れるであろう災いの怖さ、そんなものを目の当たりにしたからこそ、この場所に住む人たちは目の前の生きとし生けるものに八百万の神々を宿らせ、物語をつくって崇めそして畏怖していたんだと感じる事が出来ました。

そんな場所を見たからこそ、その後に訪れた出雲市街地の貧相な際立っていたように感じたんです。

うん、比較対象が悪いです。

しかし、同じ田舎に暮らす身として、地元の町に大手チェーン店やコンビニ等が入ってくると、差し当たっての普段の生活はとても助かります。観光客を呼び込んでお金を落としてもらうには、キャラクターや名物を開発して盛り上げる必要もあるでしょう。その大変さもよく分かります。

でもね、キャラクターを前に小洒落たカフェでインスタ映えするパフェを食べるような、そんな何処でも買えるような劣化都会なものじゃなくて、出雲の山奥で見て聞いて感じる「体験」が一番の価値だと思うんですよ。神代から現代へと続く壮大な神話(面倒なんでツッコミは受け付けません)の舞台が目の前にあって、そんな壮大な物語が生み出されるに足る環境である事を実感出来る。その環境の中で過ごせる時間こそがこの場所を訪れる価値なんだと思いました。

ただ、実際問題として地元で暮らす人の普段の暮らしもありますし、出雲の山奥を回るには車が必須でしょう。そもそも、山奥で過ごす時間というもの自体が好みが分かれるところでもあります。

が、本来ある昔からのものが一番魅力的なのに、どうしてわざわざ後から薄っぺらいものを作るんだろう、と。

その点、お世話になった残響さんのところは、古民家をリノベーションして民宿で周りの自然と調和した過ごしやすい空間と、山にいる野生動物を猟師さんと協力してジビエという形で味合わせて頂きました。本来あるものを今の生活に合わせた心地よい体験に昇華させるってすごい事だと改めて感じた限り。

とりあえず、出雲市街地は色々と勿体なかった。出雲大社近辺は好きなんですが。松江はお城や地元の偉人等、もとからある資産を活用して、それに合わせて街を観光都市に作り替えているような感じを受けて良かった。




<(2019.07.21)(tips)Nvidiaのグラボ設定画面が開けない時の対処法 (2019.09.01)(book)殺人鬼フジコの衝動>