Marumaru's TinyPlaza

(2019.08.23)(book)女衒屋グエン

『女衒屋グエン』/日向夏


中国の妓館『太白楼』が舞台の物語。

鈴木健也さんのイラストに惹かれて読んだんですが、作者は『薬屋のひとりごと』の方でした(未読)。

章のタイトルが妓女の名前になっていたので、章ごとに違う妓女にスポットを当てた話なのかと思いきや、綺麗な伏線の張り方で最後まで一気に読ます見事な構成でした。

妓館、ひいては花街という女性が主役の閉じた世界というのは、物語の舞台として使いやすいですよね。どのキャラクターも非常に魅力的でしたが、個人的には思思(スースー)の最後が小気味よかった。

長らく助走をつけての最後の盛り上がりと、少し謎を残した終わり方で気持ちのいい読後感でした。長編で続けられそうな設定なのに一巻で綺麗に終わらせているのが好き。

もしアニメ化するんだったら一琳がヒロインになるんだろうなぁ。ただ、設定的にアニメ化は厳しいのかな。途中のエピソードを削ったら1クールでちょうどアニメ化出来そうな感じがする。あ、一琳のCVは悠木碧さんでお願いします。思思は能登麻美子さんで。




<(2019.07.21)(tips)Nvidiaのグラボ設定画面が開けない時の対処法