Marumaru's TinyPlaza

(2018.12.06)(movie)機動戦士ガンダムNT

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』


ネタバレしていますので未見の方はご注意を。





























フェネクスって世代的にどうしても聖闘士星矢のフェニックス一輝が浮かんでしまう。そして不死鳥と言うテーマだとやっぱり火の鳥が浮かんじゃう。これはもう原体験だし刷り込みだからどうしようもないんだと思う。

んで、テーマだけで言うならメーテルリンクの青い鳥。それ位に壮大で難しいテーマ。


宇宙世紀に後付で歴史を差し込みまくってパンパンになってしまったから、宇宙世紀自体を補強して次の100年に繋げようって感じのお話みたいです。……なんだろう、岩手の奇跡の一本松を思い出しますね。何がとは言いませんが。

私、宇宙世紀(と言うかガンダム自体)は詳しくないんですが、逆襲のシャアはそれなりに好きなのでその感覚で語るんですが、サイコフレームってそもそもが人の脳波を感知する為のサイコミュシステムをチップ化して機体の中に埋め込めるようにした、ってものだったような気がするんですが。んで、それによって大容量を必要としたが為に大型化を余儀無くされていたサイコミュ兵器搭載モビルスーツの小型化に成功した、と。

で、逆襲のシャアの最後ではそのサイコフレームが共振を起こしてあの結末になったと理解しているんですが……。いつからサイコフレームって人の魂の器になったんでしたっけ?人の意識・魂と呼ばれるようなものを肉体というくびきから解き放って、高次元へと導く、すなわちそれは人類の不老不死に繋がる……。

これが、宇宙世紀を拡張して次の100年に繋げる為の新たな設定だと思うんですが、あれですかね。ガンダムでオーラバトルをもっと合理的に映像的にも分かりやすく行う為の布石なんでしょうか。今後の宇宙世紀ガンダムはオーラバトル主体になるんでしょうか。

いやね、設定を付け足したり差し込んだりするのは良いんですが、既存設定を拡張と言う名目で改変するのはどうなのよ?と。逆襲のシャアはあれで綺麗に完結している話なのに、それを引き合いに出して別解釈を公式設定としてしまうのには違和感を覚えます。メタル化されて観光資源として再び陽の目を浴びた一本松の中の樹木は既に腐ってるのよ!

別作品として作ってるんじゃなくて、過去の宇宙世紀作品のニュータイプ設定を引き合いに出して、その再定義を行おうとしてるような絡み方が気になったんです。特に逆襲のシャアに関してはオマージュと取れる部分が多かったですもんね。最後のサイコフレームを届ける時の「サイコフレームが多い方が有利に~」の件や、その行為自体が完全にフラグでラスボスに撃たれてしまう部分とかも。あれ、シーンから先に作ったような気がして、あの行動の目的がいまいち謎でした。ちゃんと観れていないだけかもしれませんが。

しかし、リタがヨナとミシェルを引き入れたのは、3人の力を合わせて「本来この世に存在してはいけない」セカンドネオジオングを葬る為、みたいな描写がありましたが、そもそもそれより先にフルフロンタルのネオジオングがある訳で、もっと言えば、その決意をしたのって子供時代だから先にシャアのアクシズ落し(未遂)があった訳で、そっちの方が先に止めないといけない脅威だと思うんですが。歴史が繋がった作品での過去回想は危険だな、と思わずにいられませんでした。

と、何だかんだ書いてしまいましたが、内容としては好きです。特にメカニックを含めた戦闘に関しては流石劇場版という感じでした。フェネクス、尻尾の造詣がどうやってもフェニックス一輝を連想させるけど、ある程度大きなパーツがサイコミュで飛び回る図と言うのは非常に好きです(νのフィンファンネル然り)。そして、機体名は分かりませんが、ビーム薙刀が大活躍なのは熱い。んで、ナラティブガンダムの追加装備のゴテゴテっぷりが良いです。オラタンのグリスボックを彷彿とさせる感じ。ゴテゴテした重装備は宇宙戦ならではですね。

何より、ラストバトルでゾルタンが載る機体がセカンドネオジオングからちゃんとパージしてくれたのが嬉しい。0083みたくゴテゴテしたもの同士の戦いも良いんですが、最後はパージして抜き身で戦ってくれた方が、やっぱり好き。ただ、バトル中にアップテンポボーカル曲を流すのは……好きだけど、ガンダムでやらなくてもなーって思ってしまいました。この辺り、他の人はどう思っているんだろ。

それと、ラスト近くでヨナがフェネックのコックピットに入った時、そこにリタの姿は無く、ペンダントの欠片が漂うのみ……そして一つになるペンダント。うん、分かってたさ、こうなる事は。でも、こういう展開は大好き。むしろ、張った伏線を綺麗に回収したと言える部分だと思います。

しかし、主人公3人って結局リタとヨナが相思相愛で、そこにミシェルが憧れてるっていう何とも切ない構図。

全体的に、ちょっとおとぎ話が入りすぎてるけど、面白かった。でも、逆襲のシャアを始めとした過去の宇宙世紀作品は大人しく眠りにつかせてあげて。って感じ。細かいところで確認したいところがあるから、もう一度ぐらいみたいなぁ。


追記 なんだかんだでリタ可愛い。

追記2 リディさんがすっかり白くなっちゃって。飛んで行っちゃいそう(色んな意味で)になるニュータイプを引き止めるオールドタイプ役っていうのは、意外と格好良くて大事な役だと思う。




<(2018.11.24)(tour)長崎(佐世保)に行ってきた