Marumaru's TinyPlaza

(2023.09.17)久々の泊りソロキャン

久々に泊りソロキャンしてきた!

大雨が続いたり、仕事や用事が忙しかったり、体調崩したりと色々とタイミングが合わなかったんですが、もう3か月ぐらいキャンプ出来てなくてそろそろ限界だったので、仕事が一段落ついたタイミングで無理やりキャンプしてきました。

ホームグラウンドのキャンプ場。翌日から3連休という事もあり、サイトスペースが混んでいました。ここは無料で早い者勝ちのフリースペースキャンプ場だから、混みあっている時は他のキャンパーさんに声をかけて位置を調整したりします。

で、設営完了。前から欲しかったBUNDOKのティピーテントを新調したので早く張りたかったんです。ソロ用のティピーテントは初めてでも設営が楽でした。

他にも、ローテーブルに合わせてあぐらで座れるローチェア、ハンギングラック等を買っていました。ローチェアは中華ギアで安く済ませたんですが、耐荷重とジェラルミン製というところだけは押さえました。

ハンギングラックはダイソーの安いやつ。色んなメーカーから出ていますが、ハンギングラックというものをとにかく使ってみたかったから手頃なのを。ダイソーのハンギングラックは700円で本体だけが売っていて、各種フックやサイドポーチ等を追加する事で用途に応じてカスタマイズ出来るのが良いです。オールインワンとは真逆のスモールスタート思考。




設営が終わったので、カツオのたたきで晩酌開始。最近、高知のカツオのたたきの話を聞いていたせいで、高知に日帰り旅行したい!ってぐらいにはカツオのたたきの波動が高まってました。なんですが、キャンプでカツオのたたきを食べた事で割と気持ちが満たされた感じ。

そして焚火開始。

今回は浪漫ギアとしてファイヤースターターの太くて長いのを用意しました。普段は固形燃料にライターで一発着火させるんですが、やっぱり焚き火やるなら火起こしからやってみたい!と思って火花がいっぱい出るファイヤースターターを探しました。

そして焚き付けですが、ほぐした麻紐だけを大量に袋詰めしたものをTwitterの懸賞で頂いていたので、それを持ってきました。GreenWalkerさんありがとうございました!




で、嬉しかったので着火の様子を隣のサイトに居たキャンパーさんに動画に撮って頂きました。


ファイヤースターターでの着火風景

(↑ブラウザ上で観られない場合は、ファイルをDLしてローカルの動作再生ソフトで試してみて下さい)


なんですが……準備してからキャンプに行くまでに時間が空いちゃったのと、この日の湿度がすごかったせいでなかなか火が点かなくて焦っている様子をお楽しみ下さい。見られている時は成功しない法則。

いや、このほぐし麻紐って本当にすごくて、普通の時だと(事前練習してた)このファイヤースターター使えば一発で点くのよ、ホントだから!

そんな訳でなんとか焚き火開始。気づけば辺りが薄暗くなってきました。

晩酌の続き。アテは牛スジ。ローテーブルで使っているフィールドホッパーが本当に便利過ぎてもう手放せない。軽くて収納サイズが小さいのはもとより、ワンアクションで展開して設営が完了するのが本当に最高。

軽さだけで言うならスノーピークのオゼンライト等の方が勝りますが、ULスタイルを極めたい訳じゃなくて、軽くて設営が一瞬というところが魅力的。これ買ってから鹿番長のアレを使う事が本当に少なくなってしまいました。

しかし、A4のアルミテーブルに5,000円以上出せるかどうかは趣味の本質と言うか、価値観の違いですよね。プラモデルのニッパーとか、PCのマウス、イヤフォン、釣りのルアー。何でもいいんですが、対象の価値を考えた時にそれを欲しい気持ちが金額を超えただけという話。




焚き火をしながらのんびりと。この焚き火とオイルランプの火のゆらめきに包まれた時間を過ごす為にキャンプをしていると言っても過言じゃない。あ、余談ですがスマフォを買い替えたので(GooglePixel7a)今回から写真がちょっと綺麗です。

今回、都合がつけば同級生が夕飯を一緒に食べてくれるという事で連絡を取っていたんですが、仕事で少し遅れるけど合流出来るという事になりました。それで前半はゆっくりと晩酌をしていたんですね。

で、友達が合流したので本格的な夕飯の準備を。焚き火台のゴトクの上が一気に華やかになりました。クッカーで火にかけたお米も十分に吸水出来てます。

自分の感覚ですが、ケトルは薪の上に直接置くと沸騰までの時間が明らかに短い。そして見た目も格好いい、最高。ただし底面がボロボロになる諸刃の剣。

肉オンザ白米。白米食べるとそれだけでお腹膨れちゃうのは分かってるんだけど、だとしても焚き火でお米を炊きたい、そしてお肉と一緒に食べたいという欲求には勝てない……。まあ、やりたい事をやるのが良いよね。

それにしても、お肉を塩胡椒ニンニクで食べるのが美味しすぎる。

焚き火の火が弱まってきたので、追い薪を投入するまえに炭で焼鳥。炭火で焼くと焦げ目も美味しい気がします。遠赤外線の力?(適当)

日付は変わって次の朝。夜は蒸し暑くてなかなか寝られなかった。テントの前を開けて、ズボンを脱いで下着で寝たんだけど、もう汗がすごかった。何度か目が覚めたけど、2時頃から涼しくなって気持ちよく寝られた気がする。

この日の為に空気を入れる枕を用意してたのに持って来るのを忘れるという体たらく。やっぱり枕がないと寝にくい。仕方ないからマットの端を折って頭を少しだけ高くして寝てました。

そして よが あけた。(少し前にDQ3リメイククリアしました)

朝の5:30ぐらいでしょうか。朝の気持ちいい空気はキャンプならではですね。朝が気持ちいいと言うか目覚ましかけずに外の明るさで自然と目が覚めるのが心地いい。

朝食。前回はちょっと焦がしてしまったホットサンドメーカー、今度は綺麗に模様がでました。しかし、ゆるキャン△とシナモロールって言う版権料の塊みたいなホットサンドメーカーが公式通販で1,000円切ってたとか、どんだけ大量に作って爆死したんだろう……と。

このホットサンドメーカー、作りは値段相応ですが軽くて使いやすいと思います。とりあえずホットサンドメーカーが無いとホットサンド作れないしね。

お見苦しい写真で失礼。中にチーズとメンチカツを挟んでいます。朝の撤収を見据えたこぢんまりした焚き火も好きです。

そして撤収。ありがとうございました。陽の光が差し込む前の川沿いと言うのもあって、もう何もかも夜露でびしゃこです。



ここからは友達が撮ってくれた写真。やっぱりiPhoneの写真は映えますね。デフォルト設定でインスタ映えに全振りしてる気がする。現実よりも綺麗なファンタジー世界を切り取ってくれる気がする。

あと、友達の撮影アングルと言うかセンスもすごく良いと思うんよね。これとか、適当な文字を入れたらポスターになりそう。

限りなくホームレスのオッサンみたいな感じだけど、iPhoneで撮るとギリでキャンパーに見えなくもない感じになってる。やっぱりティピーテントのシルエット好きだなぁ。



あー。久々のキャンプでニューギアを試したり、やりたい事をやれた感が満載で楽しかった!

ギアの選別とかもだいぶ慣れてきたから、荷物がだんだんと少なくまとまってきていい感じ。ソロキャンする分にはクッカーが重宝します。皿(小)がお米1合炊くのにちょうどいいし、皿(大)は炊飯時の蓋にしたり汁物入れたり混ぜたりするのに良いし、蓋はフライパン替わりになるし。作るものによるけど、このクッカーとシェラカップがあったら鍋やスキレットは要らないかなぁ。

しかし、どれだけ荷物を減らしたところで、焚き火をしようと思ったらそれだけでどうしても荷物が増えちゃうんよね。薪を現地調達出来たり、灰捨て場があるとだいぶ違うんだろうけど。

灰を処理して焚き火台を冷やす時間も要るから、どうしても撤収も時間がかかり気味に。だけど、その手間暇をかけてでも焚き火やりたいな。それがやりたくてキャンプに行ってる部分はあるし。

バーナー使ってメスティンとかで調理したり、オイルランタンの代わりにOD缶を繋げるランタンで炎のゆらめきを眺めるのも素敵だと思うし、実際素敵だったんだけど、今のところは出来る限り焚き火したいなぁ。

そのうち、ULスタイルとかをやりたくなったらバーナー調理のスタイルになっていくんだろうし。あ、でも、ULでもぷちもえファイヤーやアルコールストーブとかで火を使って調理してるかもしれない。

その時にやりたいと思った事をやって、楽しい時間が過ごせればいいな。



(2023.09.22)(movie)劇場版シティーハンター 天使の涙

『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』


ネタバレしています。ご注意下さい。


































友達の感想が読みたかったので、簡単に自分の感想を。

ちゃんとシティーハンターをしていて面白い佳作でした。

ただ、前作の『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が、いつものラーメンを食べに行ったらトッピング全盛のチャーシュー麺が出てきたような完璧な総集編+αだったので、それに比べるとどうしても……と言うのが素直なところ。

最終章の第1作目だったのですが、その事を事前に知らなかったので、あれ?この映画で終わらないの??と肩透かしを食らう羽目に。


良し悪しが表裏一体になっているところが多いんですが、分かりやすく良かったところを挙げます。ヒロインのアンジーでCVをされていた沢城みゆきさんの熱演。王道の役柄とは言え、様々な感情が激しく入り混じる役をきっちりを演じられていたところは現役ベテラン筆頭の貫録を感じました。

声優で言うと冴羽獠の神谷明さんが変わっていない。2023年に変わらない獠を演じられる事が本当にすごい。その為の努力を考えるとプロって本当にすごいなって。

その分、仕方がないとは言え香の伊倉一恵さんがちょっと厳しかったかな……。いや、聞いていれば慣れますし本当に魅力的な演技ではあるんですが。

次に、OP曲がすごく良かった!TMNの曲は数曲しか知らないニワカですが、それでも聞いた時に「あれ?これって当時の曲だっけ?新曲…だよね?サイコーじゃん!」と思ってしまう格好良さ。これから始まる物語に胸躍るような曲でした。これぞシティーハンターの曲っていう求められているものスバリを提供出来るのがプロだなぁ、と。

更に、開幕早々のキャッツアイ。もうあれが見れただけで満足って人は多いんじゃないでしょうか。私もです。更にアクションシーンの動きが滑らか。タイマンの戦いシーンが多かったので肉弾戦を含め非常に見ごたえのあるアクションシーンでした。

それと、ルパンとの突然のコラボは驚きましたが、獠のミニクーパーとルパンのフィアットのちっこい車繋がりがすごく良かった。チョロQみたいなちっこい車でアクションやるのって本当に映えるんですよね、躍動感がありつつもコミカルな感じでします。ラストシーンのシリアスさにも花を添えてくれるアイテム。


で、ここからは少し残念だった部分。冒頭のキャッツアイの後の獠と海坊主のあの変装を筆頭に、香の100tハンマーをメッセージボードに使用したり、最後のゲットワイルドが流れるシーンと言い、何と言うか全体的に「雑」なんです。

テンポも悪さも相まって、TV放送の映画でワイプが入って「感動の〇〇シーンまであと5秒、泣く準備はOK?さあ泣いて!」みたいに視聴者のリアクションを押し付けられているような感じがしました。

香の100tハンマーもシーンも、ちょっとくどすぎたり、器物損壊を理由に100tハンマーで叩いて更に被害を拡大させるなど、ちょっと可哀そうな子を感じさせる振る舞いが残念でした。獠のもっこりも、今だとコンプラ等で直接的な表現が使えず色々やりにくさはあるのでしょうが、延々とセクハラを演じられているような感じがしてしまいました。

そしてシーン構成、と言うか場所の移動。なんだかえらく複雑なルートを通って移動していましたが、アクションシーンの見栄え等を考慮しても、どうしてわざわざそんなルートを、と思ってしまいました。一発勝負であんな綱渡りルートを通らなくても……。なんだか先に場所のモデル(?)なりを先に作ってから構成したようなそんな感じ。

あと、今回も海坊主が活躍しなかった……。

なんだろ、声優さんも絵もすごくいい感じなので、シナリオと構成ですごく面白くなりそうなだけに余計に残念さが残ります。全部盛こってりラーメンは一度でいいので、今度は仕切り直してさっぱりした味も食べたいかも、そんな映画でした。




<(2023.08.20)(book)BLEACH